筋トレと筋肉痛の関係を知ろう!筋肉痛時の過ごし方

この筋肉痛くせになる

筋肉痛とは

筋肉痛の原因はトレーニングなどの負荷により筋繊維が損傷し傷ついた筋繊維の修復中に起きる炎症などの痛みが原因と言われています。

筋肉痛の間に筋トレをしても良いのか?

筋肉痛の時は筋トレは控えた方が良いでしょう。筋肉痛中は筋肉が回復している最中ですので回復中に負荷を与えてさらに損傷するとかえってマイナスな結果になりかねません。
筋肉痛が完全回復するには48時間〜72時間と言われています。この間に筋肉は超回復し筋肉痛前の状態よりも強く成長します。
これを繰り返す事で筋肉は強く大きく成長していくのです。
モチベーションが上がっている時は毎日でもトレーニングをしたい気持ちも非常にわかりますが、筋肉を休ませる事も大事なトレーニングと心得ておきましょう。
またトレーニングには栄養補給が何より大切ですので食べるものには十分気をつかってください。
毎日トレーニングがしたいという人は筋肉痛になっていない部分のトレーニングであれば問題ありません。

筋肉痛は絶対必要なのか?

筋肉を大きく成長させたい人は筋肉痛が絶対条件のように考える人もいると思いますが必ずしもそうではありません。

筋肉痛にならなくても、しっかりと負荷を与える事が出来ていれば筋肉は成長します。

しかしある程度、体を追い込むと必ず筋肉痛になるので筋肉を成長させる為の目安として考えるのが良いと思います。

筋肉痛にならなかったら負荷が足りなかったのかな?フォームが悪くうまく負荷を筋肉に伝えられなかったのかな?とトレーニングの良し悪しの判断材料になります。

筋肉痛をこじらせない為にする事

筋トレ後はしっかりとストレッチを行いましょう。
特に使用した部位は念入りにストレッチをする事をお勧めします。
またお風呂などに浸かってゆっくりと体を温めるのも効果があります。
筋トレ後にストレッチをせずにそのまま放っておくと筋肉はギュッと凝り固まります。私の経験上この凝り固まった状態で筋肉痛を迎えると筋肉痛の痛みが強くなる傾向があります。

まとめ

参考になりましたでしょうか?
筋肉痛中の過ごし方のまとめです。

  • 筋肉痛は筋肥大の目安として考えましょう
  • 筋肉痛の間はトレーニングは控え、栄養も含めしっかりと休養をとりましょう
  • 筋肉痛をこじらせない為にストレッチなどケアを取り入れましょう。

トレーニングをしていると筋肉痛は嬉しい結果でもありますよね!

買い忘れたモノはないですか?
この筋肉痛くせになる

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。