ビデオカメラの内蔵メモリがいっぱいになった時の対処方法

ビデオカメラの内蔵メモリがいっぱいになった時の対処方法

家族の思い出を沢山撮ったビデオカメラ。

気が付けば、内蔵メモリがいっぱいになっていて、これ以上、撮影が出来ない状態に。。。

「まだまだ撮れるからいっか」とついつい後回しにしちゃんですよね。ビデオカメラに撮りためた動画データの管理は、「どうしたらいいのかわからない」という人も多いと思います。

知っていれば、なんてことないビデオカメラの内蔵メモリがいっぱいになってしまった時の対処方法を解説します。

対処方法は主にこの2つになります。

  • 撮影した動画データをパソコンに移しビデオカメラを初期化(フォーマット)する
  • 追加の記録容量としてSDカードを増設する

それでは詳しく見てみましょう。

撮影した動画データをパソコンに移しビデオカメラを初期化(フォーマット)する

ビデオカメラで撮影した動画データをパソコンに移しビデオカメラを初期化(フォーマット)する手順は、以下の通り。

  1. ビデオカメラとパソコンをUSBケーブルでつなぐ
  2. パソコン上でビデオカメラの動画データをパソコンに移動する
  3. ビデオカメラをパソコンからぬく
  4. ビデオカメラの設定メニューから初期化(フォーマット)する

以上の手順で内蔵メモリの空き容量を確保出来ます。

ビデオカメラをフォーマットする際は、パソコンにちゃんと動画データが保存出来たかを確認して慎重に行って下さい。

撮影したデータをパソコンへ移す詳しい解説と手順は、以下の記事からどうぞ。

SDカードを増設する

ビデオカメラのSDカードスロット

ほとんどのビデオカメラには、内蔵メモリの他に追加メモリを増設するためのSDカードを入れる場所、SDカードスロットがあります。SDカードの差込口は、ビデオカメラのモニターパネルを開いたところやビデオカメラの下側などにあります。

SDカードを差し込むだけで、追加容量として認識されるので、パソコンが手元にない人や、取り急ぎ動画を保存する空き容量を確保したい人には、この方法がベストです。

ビデオカメラに使うSDカードは、何でもいいというわけではありません。ビデオカメラに適したSDカードを選んで下さい。

ビデオカメラ用のSDカードがわからない人は、以下の記事をどうぞ。

さいごに

ついつい後回しにしがちなビデオカメラの撮影データ。

ビデオカメラが壊れて大切な思い出が消えてしまうことも。そうならないためにも大切な思い出は、パソコンに移したりBlu-rayディスクに焼いてしまうなど定期的なバックアップをおすすめします。

買い忘れたモノはないですか?
ビデオカメラの内蔵メモリがいっぱいになった時の対処方法

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。