Webマーケティングって何?何をすればいいの?Webマーケティングの基本

Webマーケティングって何?
と考える前にマーケティングとは何かを知る必要があります。

マーケティングというと市場調査をしたり競合分析をしたりと出来ることが沢山ありすぎて何をすればいいのか、何からはじめたらいいのかイマイチ掴みにくいと思います。マーケティングを簡単に言うと「自社の製品やサービスを好きになってもらい買ってもらう」ということです。

では好きになってもらうにはどうしたらいいか?

まずは好きになってもらうには見てもらったり触ってもらったり情報に触れてもらう必要があります。これからお客様になってもらう人がどこで自社の製品やサービスに接点を持つことが出来るのか?接点を持った時にどんな手段なら伝わりやすいかを考えることがマーケティングの第一の課題となります。

接点を持ってもらった時に特に大切なことが以下の3点です。

  1. 情報は適切に伝わったか?
  2. 商品やサービスを利用することで得られるベネフィット(価値やメリット)は伝えられたか?
  3. お客さんの悩みやニーズの認識がブレていないか?

せっかく顧客との接点が出来たのに情報が正しく伝わらなかったり、価値を感じてもらえず顧客が離れてしまっては本当にもったいないです。その為、顧客がどのような悩みを持ち、どのようなニーズがあるのかをしっかり把握しておくことが重要です。顧客の悩みやニーズを把握した上で接点を持つことが出来れば高い確率で成約出来ます。

顧客との接点箇所や伝える情報の精度を上げていくことで成約率をどんどん高めることが出来ます。より効率化を目指し検証・改善を繰り返すことでマーケティングが事業に大きく影響を与えることは間違いありません。

さらにこれらのマーケティング設計が上手く機能し始めるとオートメーションでの集客が可能となります。

Webマーケティングとは

Webマーケティングとはインターネット上の顧客層をどのような手段や場所で接点を持ち好きになって買ってもらうかを考えることです。マーケティングエリアをインターネットの中に落とし込んだものと考えればイメージしやすいかもしれません。

Webマーケティングの最大の特長はサイト訪問者の動きをすべて数値化出来ることです。誰がどのページに何回何秒滞在したのか具体的な数字を見ること出来るので戦略やサイト改善の指標が立てやすいという特長があります。

Webマーケティングでやること

上記のように細かくWebマーケティングの設計を行うことで効果的な戦略を組み立てることが可能となります。

買い忘れたモノはないですか?

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。