Amazonタイムセールをチェックする

イラレ・XDのファイルをパワーポイントデータに変換する方法

イラレ・XDのファイルをパワーポイントデータに変換する方法
モブスタ
モブスタ

Adobe Illustratorアドビ イラストレーターAdobe XDアドビ エックスディーで作成したデータをパワーポイントで編集できるデータに変換する方法を解説します。

ワイヤーフレームなどの構成案をクライアントとやり取りしていると直接修正をデータ上に記載したいなんてことがたまにあります。

クライアントがIllustratorやPhotoshop、XDなどのデザインツールを操作できることはほとんどないので、おのずとパワーポイントやエクセル・ワードなどのマイクロソフト製のアプリが指定されるわけです。

そんなの無理でしょ!?って思うんですが、実は簡単にイラレやXDのデータをパワーポイントデータに変換する方法があるんです。

手順は簡単。

Adobe Acrobatアドビ アクロバット を使ってパワーポイント形式で書き出すだけ。

それでは、詳しい手順を解説します。

Step. 01 イラレ・XDのデータをPDFで書き出す

Illustrator・XDで作成したデータを開きそれぞれの方法で「別名で保存」「書き出し」からPDFを選んでPDFデータを保存します。

IllustratorからPDFを書き出す手順

01

Illustratorから別名で保存をクリック

ファイルメニューから別名で保存をクリック

02

ファイルの種類からPDFを選択

ファイルの種類から「Adobe PDF」を選択して保存します。

XDからPDFを書き出す手順

01

XDのメニューから書き出し→すべてのアートボードを選択

XDのメニューから「書き出し」→「すべてのアートボード…」を選択

02

形式からPDFを選択

アセットの書き出しウィンドウが表示されるので、形式からPDFを選択し、「すべてのアートボードを書き出し」をクリックします。

Step. 02 Acrobatで開いたPDFをパワーポイントで書き出す

書き出したPDFをAcrobatで開きます。

Acrobatからパワーポイント形式に書き出す

次にPDFを開いた状態で Adobe Acrobat のファイルメニューから「書き出し形式」→「Microsoft PowerPoint プレゼンテーション」をクリックします。

パワーポイント形式での書き出し

保存先を指定して「保存」をクリックします。

Step. 03 パワーポイントで確認する

書き出したパワーポイントデータを開いてテキストなどが編集可能か確認します。問題がなければ成功です。

これで無事にパワーポイントデータへの変換作業が完了しました。

さいごに

さすがに完全な変換は難しいですが、作りこまれたデザインデータでもテキストの編集機能を残したままパワーポイントに変換出来るので修正の指示や原稿の修正など、クライアントとのやり取りがスムーズに出来そうです。

少しでも作業効率化のお役に立てれば幸いです。ぜひお試しください。

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする
買い忘れたモノはないですか?

お役に立ちましたらシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。