動画編集の基本的な流れと基礎知識

動画編集の基本的な流れと基礎知識

動画編集をして1本の動画になるまでのの基本的な流れと動画編集をはじめる前に最低限必要な基礎知識を解説します。

まず動画編集をするにパソコンなどに編集ソフトをインストールする必要があります。これらの編集ソフトは無料のものからプロ向けソフトまで、めちゃくちゃ種類があるので初心者の人にはどれを選べばいいか難しいと思います。

僕のイチオシは、無料ではじめるなら、高機能の動画編集ソフトDaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルブ)。

ハイクオリティ素材が、入っていて簡単操作。初心者さんで、ある程度クオリティを出したいならFilmora(フィモーラ)です。

編集をする工程はどの編集ソフトでも概念というか、やり方は同じなので、1つの編集ソフトを覚えればどの編集ソフトに乗換えることもそんなに難しいことじゃないんです。

例えば一眼レフカメラなんかと同じで写真を撮る工程が

  1. 被写体にカメラを向ける
  2. ピントを合わせる
  3. シャッターを切る

という流れはどのカメラでも一緒ですよね?

カメラのメーカーや機種により多少の操作性は変わりますが、写真を撮るという目的には違いがないはずです。

動画編集も同じで編集の基本的なやり方は

  1. 素材を読み込む
  2. 素材を切って並べる
  3. 1本の動画として出力する

この一連の流れはどの編集ソフトでも同じなので、たとえ編集ソフトが変わったとしてもボタンやツールの場所が違うだけで、1つ得意な編集ソフトが出来れば他の編集ソフトに乗換える場合もマニュアルを読めば問題なく使えるはずです。

新しいことを覚えるのは、ちょっと面倒くさいですけどね(笑)

動画編集のやり方

動画編集自体は非常にシンプルです。

複数の動画、音楽素材から使いたい部分を切って繋げていく。たったこれだけです。

もちろん動画の合成や加工して演出を加えていくことは専門性が高く一気に難しくなりますが、動画で伝えたいことはカット編集のみのシンプルな動画でも十分に伝わります。

動画編集を図で考える

動画編集を図で考える

上の図で濃い青色の部分が動画素材から切り取った部分です。切り取った動画を図のように並べていく。で、音楽も付けたいから切り取った動画を並べた下側に音楽ファイルをくっつける。

これで動画の編集作業は完了です。

理屈はすごくシンプルで簡単ですね。

実際の動画編集ソフトの画面も上の図の様な形になっています。それをタイムラインと呼びます。

動画編集に最低限必要な基礎知識

動画編集をする上で、これだけは最低限知っておかないと色々つまづいてしまう基礎知識を解説します。

画面解像度

画面解像度はピクセルという単色のマスの集合体で、このピクセルが多い程、映像が詳細で高画質になり、ピクセルの総数を画素数と呼びます。

以下に画素数の違う2枚のイラストがあります。

解像度の説明図

このように同じ画像でも解像度(ピクセルの総数)が違うと画像の鮮明さが明らかに違うことがわかります。

画質が詳細で画素数が高いことを高解像度といいます。

関連記事ビデオカメラの4Kって何?必要なの?4Kについてわかりやすく解説

動画における解像度の種類

動画を作る上で、基本となる画面解像度が以下の4つです。

  • 720×480(SD)
  • 1280×720(HD)
  • 1920×1080(FHD)
  • 3840×2160(UHD・4K)

この中で現在、最も主流な解像度が1920×1080(FHD:フルハイビジョン)でほとんどのビデオカメラが、この解像度を採用しています。

テレビ、ビデオカメラともに3840×2160(UHD:ウルトラエイチディー・4K:ヨンケイ)にほぼ対応してしてきているので数年先にはこちらが主流になる日も近いと思います。

現状編集する場合は、1920×1080を選んでおけば、まず問題ないでしょう。

ただしパソコンが古かったり、新しいパソコンでも性能が低いと編集ソフトが思うよう動かない場合があります。

フレームレート

実は動画は静止画を連続再生したものです。

フレームレートとは動画の1秒間に何枚の静止画を再生させるかという数値です。

一般的には映画が1秒間24枚

テレビが30枚

編集ソフトやビデオカメラでの表記は24p、30pと表記されています。

ビットレート

ビットレートは1秒間のデータ転送量を指します。

動画でいうと単純にデータ量が多ければ高画質になります。逆にデータ量が少なければ画質が荒くなります。

mp3などの音楽ファイルやインターネットのデータ通信量もビットレートと言います。

コーデック

フレームレートでも説明しましたが動画は静止画を連続再生したものです。

ということは動画の長さによっては何百枚、何千枚の画像ファイルのカタマリだということです。

これ、そのままだと動画がめちゃくちゃ大きいファイル容量になるんですね。コーデックを使わない無圧縮動画だと30秒ぐらいの動画でも20GBとかいきます。(解像度により差があります)この大きくなるファイル容量を抑えてくれるのがコーデック。

無圧縮で20GBぐらいの動画ファイルもコーデックで圧縮してあげれば20MBとかに出来ます。

さいごに

動画編集をはじめるまに最低限抑えておきたい編集の基礎知識を解説しました。

これからはじめる人には、何となく伝わればOKかなと思ってます。

実際に手を動かして動画編集ソフトを触ってもらう方が覚えるスピードも断然早いと思いますので、サクッと動画編集デビューをしちゃいましょう!

まだ使う動画編集ソフトが決まっていない人は、無料で使えるDaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルブ)がおすすめ!

完全にプロ仕様なのに無料で使えます。ヤバい。※無料版は一部エフェクトなど機能制限あり。でも初心者には十二分過ぎる機能です。

ステップアップ方式で順番に記事を読んでいくと、最低限の動画編集が出来るようになる使い方講座あり。こちらもあわせてどうぞ。

DaVinci Resolveの使い方

動画編集をはじめるなら編集環境も大事です。特にパソコン!

買い忘れたモノはないですか?
動画編集の基本的な流れと基礎知識

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。