DaVinci Resolveで音楽ファイルの編集と音量の調整

音楽ファイルの編集と音量の調整のイメージ

動画編集では、動画の編集面に気が取られがちですが、音の編集も実は、映像部分と同じぐらい重要です。

どれだけ素晴らしい映像も音がチープだとそれだけで、品質が半減してしまします。

Youtube なんかを見てると音量のバランスが取れていない投稿者が多いので、めちゃくちゃ気になります。何気ないことですが、音の調整が上手くできている動画は、それだけで見やすくなるので、必ず覚えておいてください。

それでは、音楽ファイルの編集と動画編集で最低限気を付けておきたい音の調整について解説します。

Step.01 タイムラインにオーディオクリップを読み込む

タイムラインにオーディオクリップを読み込む

動画素材同様、メディアプールにオーディオデータを読み込みタイムラインにドラッグアンドドロップで挿入します。

Step.02  オーディオクリップの使う部分のみカットする

カットされたオーディオクリップ

ビデオクリップをカットする容量でオーディオクリップをカットして下さい。使いたい部分を残します。音の調整をするためカットしたオーディオクリップをクリックして選択して下さい。

選択されたオーディオクリップは、赤枠で囲われます。

Step.03 オーディオクリップの調整

オーディオクリップを編集する画面

動画編集中に音を調整する場所は、上の図の赤枠部分です。

  • インスペクタは、オーディオクリップ単体の音量、音質の調整
  • ミキサーは、オーディオトラック全体のボリューム調整

と覚えておきましょう。

クリップ単体での調整が必要か、トラック全体の調整が必要かでインスペクタとミキサーを使い分けを判断して下さい。

ミキサー、インスペクタの表示パネル

編集するパネルが表示されていない場合は、上の図の「ミキサー」「インスペクタ」をクリックしてアクティブにして下さい。

インスペクタの調整

オーディオクリップのインスペクタを調整

オーディオクリップのインスペクタは、オーディオクリップ単体を調整する時に使います。調整出来る項目は4つ。

  • クリップのボリューム
  • クリップのパン
  • クリップのピッチ
  • クリップのEQ

クリップのボリューム

そのままですね。オーディオクリップのボリュームをコントロールします。

クリップのパン

オーディオクリップの音の出方を左右に振ることが出来ます。右からしか音が出ない様にとか逆の左からのみなど。

クリップのピッチ

音の高さを調整します。よくテレビなんかでモザイクが掛かった人の声が変わったりしてますよね?あんなヤツです。

クリップのEQ

EQは、イコライザーといいます。オーディオクリップの音の周波数を部分的にコントロールし、強い低音をカットしたり、高音が強くてキンキンする音を聞きやすい音に変えたり出来ます。

強い低音を調整する

動画編集でBGMを挿入した時に低音がキツ過ぎて耳障りな場合があります。この時に「クリップのEQ」を使います。

クリップのEQで低音をカットする

クリップのEQの左にあるボタンをクリックし、EQをオンにします。

グラフの左が低音域、右に行くほど高音域になります。

グラフの一番左の○マークをドラッグし右にずらしてみて下さい。

これで、低音部分をカットすることが出来ます。実際のBGMを聞いて低音の強さが変わったか確認して見て下さい。

Step 04. ミキサーで全体の音量を調整する

ミキサーのボリュームを確認

ミキサーを使って動画全体のボリュームをコントロールします。

「オーディオ1」、「オーディオ2」は、独立したトラックの調整。「Main 1」は、動画全体のボリュームをコントロール出来ます。

動画編集の適切な音量について

動画編集の適切な音量は、ミキサーを確認します。ミキサーのメーターが 0 に届かないようにする。これを必ず守ってください。

ミキサーレベルの確認

オーディオクリップのあるタイムラインを再生するとミキサーのメーターが動きます。メーターが 0 を超えると音割れが起こり非常に聞き苦しい音になります。

試しにオーディオレベルのコントローラーを上に上げてると音割れを再現出来ます。このオーディオレベルが 0 を超えないというルールは必ずまらなけえればいけない動画編集のルールです。

動画編集の音のボリュームについては、基本的に音割れさえしなければ問題ありません。

動画編集における音の調整は、もっと複雑な調整が沢山ありますが、最低限今回のルールや調整方法を守っておけば、問題はないのでご安心を。

さいごに

  • 不快な低音や高音はEQでカットする
  • ミキサーのメーター 0 を超えない

この2つを守るだけでとても耳に優しく見やすい動画になります。

動画編集における音と音量の調整は以上です。では。

\URLをコピーしてシェアしてね!/
この記事のURLをコピーする

DaVinci Resolve を使った動画編集ガイド

動画編集の第一歩 DaVinci Resolve を使ってみよう

  1. DaVinci Resolveのインストール
  2. DaVinci Resolve 言語切替えの設定手順
  3. 動画編集の前にDaVinci Resolveのプロジェクト設定を確認しよう
  4. DaVinci Resolveに動画素材を読み込む
  5. DaVinci Resolveで動画をカットして編集する

これだけは覚えておきたい動画編集の基本操作

  1. DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順
  2. DaVinci Resolveに画像を読み込んで動画に配置する手順
  3. DaVinci Resolveで動画を上下左右に反転させる手順
  4. DaVinci Resolveで動画をクロップ(トリミング)する2つの手順
  5. 動画のつなぎ目にディゾルブ(トランジション)を追加する手順
  6. DaVinci Resolveでタイムラインの動画を拡大・縮小する手順
  7. 【明るさ補正】暗い動画を明るくする手順
  8. 動画ファイルの映像データと音声データを切り離す
  9. 音楽ファイルの編集と音量の調整
  10. 画像やテロップを動かしてアニメーションさせる手順(公開予定)
  11. 見やすい動画をつくる動画の画面レイアウトについて(公開予定)
  12. DaVinci Resolveで編集した動画を動画ファイルへ書き出す
  13. 編集した動画をYoutubeに公開する(公開予定)

DaVinci Resolveをさらに使いこなそう!

  1. DaVinci Resolveで早送り、倍速動画を作る手順
  2. DaVinci Resolvで動画ファイルを変換、圧縮する手順
  3. 手振れ動画を補正して滑らかな映像にする手順(公開予定)
  4. DaVinci Resolveで動画をスロー再生にする(公開予定)
  5. DaVinci Resolveで動画にぼかし・モザイクをいれる(公開予定)
  6. DaVinci Resolveで正方形の動画を作る(公開予定)
  7. DaVinci Resolveで動画を逆再生にする(公開予定)
  8. DaVinci Resolveで動画を回転させる(公開予定)
  9. DaVinci Resolveでスライドショーを作る手順(公開予定)
  10. 編集した動画をDVDプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
  11. 編集した動画をBlu-rayプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
買い忘れたモノはないですか?
音楽ファイルの編集と音量の調整のイメージ

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。