プロが教える!おすすめ動画編集ソフトランキングTop10

プロが教える!おすすめ動画編集ソフトランキングTop10

沢山ある動画編集ソフト。自分にベストな編集ソフトがどれなのか?知識もないし選び方がわからないって思いますよね?

動画編集ソフトは本当に数が多く違いを理解することが難しいと思います!

動画編集ソフトを探してる人によって「初心者向けがいい」とか「プロ仕様のソフトがいい」とか、これから動画編集ソフトを覚えたい人の立場によっておすすめ出来る編集ソフトがは変わってきます。

ということで、プロの動画屋さんである僕が、おすすめの動画編集ソフトをランキング形式+どんな人に向いているソフトなのかをババンと解説したいと思います!

このランキングから選べば場違いなし!アナタに合った動画編集ソフトを見つけて下さい!

1位 Adobe Premiere Pro(アドビ プレミア プロ)

Adobe Premiere Pro

出典:adobe.com

本格プロ仕様の動画編集ソフト。特に他の自社アプリとの連携が強力な動画編集ソフトです。Premiere Pro単体でも十分な動画編集ソフトですが、Adobe Creative Cloudというサービスのコンプリートプランを利用することで、10数種類の制作アプリを使うことが出来ます。

例えば、Photoshopで、目を引くテロップを作ったり、illustratorで動画用のイラスト素材を作成。他にはAfter Effectsで、テロップやイラストにアニメーションを付けてインパクトのある動画素材を作ったりと、覚えなくてはいけないことが沢山ありますが、限りなく思い通りの映像を作ることが出来ます。

どんな人に向いてるの?

完全にプロ志向!動画に使うテロップなどの素材作りからCG合成まで一貫して動画編集を突き詰めたい本気の人に最適!

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランを契約していて、Photoshopやillustratorしか使っていないような人は、実質追加費用が掛からないのでPremiere Proを使うのがベスト!

Premiere Proが使わている作品

  • シン・ゴジラ
  • デッドプール
  • マインドハンター
  • A Ghost Story
  • ヘイル・シーザー
  • ドラマ、アトランタなど
対応OC Windows、Mac
料金 Premiere Pro単体プラン 月額2,180円~ コンプリートプラン 月額4,980円~

2位 DaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルブ)

DaVinci Resolve:タイムラインに動画を配置

本格プロ仕様の動画編集ソフト。元々はカラーコレクション(映像の色味を整える)ソフトとして有名なソフトでしたが、最近のバージョンアップにより編集、色補正、合成・特殊効果まで対応できる高機能動画編集ソフトへと生まれ変わりました。

さらに機能制限はあるのもの無料で使える無料バージョンが公開されており、初心者の人にも是非チャレンジしてほしい動画編集ソフトとして急上昇中です!

また動画編集においては、インターフェイスもわかりやすく初心者の人でも扱いやすい動画編集ソフトだと思います。

当サイトでもイチオシの動画編集ソフトとして、DaVinci Resolveの使い方を解説していますので、こちらも合わせてどうぞ。

関連記事DaVinci Resolveの使い方

どんな人に向いてるの?

これからはじめる初心者さんはもちろん。本格的に動画編集をはじめたいけど最初はお金を掛けたくない人なんかに最適です。

慣れてきてフル機能を使いたくなったら有料版であるDaVinci Resolve StudioにバージョンアップすればOK。

DaVinci Resolveが使わている作品

  • トゥモローランド
  • Taboo
  • アリス・イン・ワンダーラ ンド
  • The Fighter
  • The Kids Are Alright
  • Hereafterなど
対応OC Windows、Mac、Linux
料金 無料。DaVinci Resolve Studioは、33,980円

3位 Filmora(フィモーラ)

filmora

出典:filmora.wondershare.jp

Filmoraの特長は、シンプルな操作画面と最初からソフトに入っているタイトル素材、エフェクト素材、オーバーレイ素材、BGM素材など豊富な動画素材が魅力!この素材を上手く使うだけで初心者の人でもプロ顔負けのオシャレでクオリティの高い動画を作ることが出来ます。

簡単操作で、クオリティの高い動画を作りたいならFilmora、1択でしょう!

ただし、素材は決まったものしかないので、「他の人と丸被り」なんて可能性もありますが、プロを目指す人でもない限り気になるコトはないと思います。

動画編集ソフトとしては、低価格なので初心者の人には、DaVinci ResolveかFilmora、この2つをおすすめしています。

どんな人に向いてるの?

簡単操作で、オシャレでクオリティの高い動画を作りたい初心者さん向けの動画編集ソフト。

Filmoraの詳細動画

こちらの動画がFilmoraについて非常にわかりやすく解説してくれており、Filmoraの魅力が十分わかる内容になっています。

対応OC Windows、Mac
料金 個人用永久ライセンス:7,980円 商用永久ライセンス:14,900円

4位 Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)

Final Cut Pro

出典:apple.com

アップル社が開発するプロ仕様動画編集ソフト。

テレビ業界のディレクターが使うスタンダード編集ソフトとして定番でしたが現在では、Premiere Proへの移行の流れが来ているとの噂。(僕がテレビ業界ではないので、真相はわかりませんが、取引のある放送局子会社は、Premiere Proでした。)

1,000以上の効果音素材が内蔵されていて、効果音には困りません。これ以外と高ポイント。

効果音などの素材をネットで探すのは結構疲れるので、最初からこれだけのボリュームの効果音があれば本格的に動画編集が出来るレベルになれば、めちゃくちゃ助かります。

ちなみにユーチューバーのヒカキンさんが使ってる動画編集ソフトがこのFinal Cut Proです。

どんな人に向いてるの?

  • アップルを愛している人
  • iMovieを使ったことがある人(互換があり移行がスムーズなため)
  • Macユーザーで、本格的な動画編集がしたい
  • 効果音など動画編集に役立つ素材が最初から揃っていてほしい人
  • Premiere Proは月額制なので買い切り(永久ライセンス)がいい人にもおすすめ
対応OC Mac
料金 34,800円

5位 iMovie

iMovie

出典:apple.com

Macで使える動画編集ソフトのド定番入門ソフト。

Macを持っていれば無料で使え、操作画面もシンプルでわかりやすいです。「ちょっとお試しで」という人にはベストな動画編集ソフト。

上で紹介したFinal Cut Proと互換性があるので、iMovieが物足りなくなればプロ仕様のFinal Cut Proに移行するというのもいいと思います。

どんな人に向いてるの?

  • Macユーザーで、お試しで編集をはじめたい人
  • 趣味程度の編集でOK。とにかく無料のソフトがいい人
  • シンプル操作で初心者向けがいい人
対応OC Mac
料金 無料

6位 Premiere Elements(プレミアエレメンツ)

Premiere Elements

出典:adobe.com

Adobe Premiere Proがプロ用であればPremiere Elementsは家庭用という位置づけです。

そのため、初心者でもハイクオリティな動画を作れる様なオリジナル機能が豊富に揃っています。個人的な意見ですが、編集画面は他の動画編集ソフトと同じようなレイアウトになっていますが、素材の管理など一部偏った操作性の印象が強いです。

ただし、動画編集を手順通りに進めれば操作を覚えられる「編集ガイド機能」が付いています。18種類のガイド付き編集を使えば、表示される手順に従って迷わず操作できるのでパソコン操作が不慣れな初心者さんでも動画編集が出来ちゃいます。この機能は優しいですね。

また50以上の楽曲と250以上の効果音が内蔵されているので、アニメーションタイトルのテンプレートや音素材を上手く使うことで本格的な映像作品を作ることが簡単に出来ます。

Premiere Elementsをおすすめするターゲット層は、Filmoreと被っていますので、価格、操作性、クオリティを考慮するとFilmoreの方が、おすすめ度が高いですね。

どんな人に向いてるの?

  • Photoshopエレメンツを使っている人
  • 簡単操作で、オシャレでクオリティの高い動画を作りたい初心者さん
  • パソコン操作にも不慣れな初心者さん(うれしい操作ガイド機能付き)
対応OC Windows、Mac
料金 15,800円

7位 AviUtl(エーブイアイユーティル

AviUtl

出典:youtube.com

AviUtlは、動画編集+動画加工に特化したソフトで、無料で使えるフリーソフトです。

開発は2013年で止まっていますが、非常に有名なフリーソフトでもあり、参考書や参考サイトもあるので学習環境がある程度整っています。ただし2013年に開発が止まっていることから操作画面は、古臭さが否めないですね。

様々な有志によりプラグイン(拡張機能)も充実していますが、その分、初心者には敷居が高い傾向があります。

どんな人に向いてるの?

  • 無料で動画編集をはじめたい人
  • 動きのある動画を作りたい人
対応OC Windows
料金 無料

8位 Avid Media Composer(アビッド メディアコンポーザー)

Media Composer

出典:avid.com

Media Composerは、放送局や映画など映像業界に広く浸透している編集ソフトです。

大手さん、予算が潤沢な案件なんかで使われている印象です。有名なハリウッド映画なんかも、このMedia Composerで編集されています。動画編集が初めての人用に無料で使える「Media Composer | First」を公開しているので、ハリウッド映画の編集環境を体感出来ます(笑)

ただし無料版はかなり機能制限されているので、本格的な長尺映像や凝った内容の動画を作ることは難しいです。

どんな人に向いてるの?

  • 無料でプロ仕様の動画編集ソフトが使いたい人
  • 働きたい映像会社がMedia Composerをメインで使っている

Media Composerが使わている作品

  • ダークナイト
  • アイアンマン
  • トランスフォーマー/リベンジ
  • アバター
  • ブラック・スワン
  • アベンジャーズ
  • ゼロ・グラビティ
  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒
  • ラ・ラ・ランド
  • ワンダー・ウーマンなど
対応OC Windows、Mac
料金 無料。上位バージョンは月額2,400円~

9位 EDIUS Pro(エディウス プロ)

EDIUS Pro

出典:youtube.com

EDIUS Proも放送業界などで使われている動画編集ソフトです。

プロ仕様の動画編集ソフトですが、Premiere ProやDaVinci Resolve、Media Composerなどのライバル製品と大きな差はなく、残念ながら特質しておすすめ出来るポイントはありません。製品としては、一定のシェアのある定番の動画編集ソフトです。

正直、僕はEDIUSには縁がなく触ったことはないですが、僕の知人の映像作家さんに1人、EDIUS使いの方がいます。

動画編集ソフトとしての知名度は、たしかにあるのでランキングに入れさせて頂きました。

どんな人に向いてるの?

  • Windowsでプロ仕様の動画編集ソフトが必要な人
  • 働きたい映像会社がEDIUS Proをメインで使っている
対応OC Windows
料金 59,800円

10位 Vegas Pro(ベガスプロ)

VEGAS Pro

出典:vegascreativesoftware.com

元々はSONYが開発していたプロ仕様の動画編集ソフトで現在は、MAGIX社に売却されソースネクストから販売されています。

動作が軽くサクサク動くと定評があり、未だに熱狂的ユーザーの存在がある。

基本的にはプロ仕様の動画編集ソフトであるため、EDIUS同様にPremiere ProやDaVinci Resolve、Media Composerなどのライバル製品と大きな差はない。

Vegas Proも動画編集ソフトとしての知名度は、たしかにあるのでランキングに入れさせて頂きました。

どんな人に向いてるの?

  • Windowsでプロ仕様の動画編集ソフトが必要な人
  • 働きたい映像会社がVegas Proをメインで使っている
対応OC Windows
料金 65,890円

さいごに

僕は動画を作る仕事をはじめて、10年以上になりますが、どの動画編集ソフトも時代に合わせてドンドン進化しています。

現状で、本気でオススメするのは、この3つ

  • 本気で動画編集を突き詰めたい人には、Premiere Pro(Adobe Creative Cloudのコンプリートプラン)
  • まずは無料で、ゆくゆくは本格的に動画編集を極めたい人には、DaVinci Resolve
  • 初心者で簡単操作+オシャレ、クオリティを出すなら、Filmora

です!

人気が出るもの、衰退するものと色々ありますが、自分が使い安い編集ソフトを見つけてガンガン動画編集やっちゃってください。

何かわからにことなどあればコメントどうぞ。

アナタにとってのベスト動画編集アプリが見つかることを願います。では。

買い忘れたモノはないですか?
プロが教える!おすすめ動画編集ソフトランキングTop10

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。