動画の作り方講座 – 撮影から編集まで、これから動画を作成したい人の入門ページ

はじめに

このページはこれから動画を作りたい初心者から中級者を対象にした動画の作り方ガイドページです。ゼロからはじめる初心者さんから、これからプロの動画屋さんになりたい人の参考になるサイト作りを目指しています。

動画を作りたいけど、「何から手を付けていいのかわからない」「覚える順序がわからない」という人の疑問に答える内容になります。

このページを読み進めることで、自分に足りない知識や次に取り組む作業内容の答え合わせるになると思います。

基本的には、初心者を対象にした内容になるので、専門性の高い内容は避けるようにしています。不足している点や掘り下げてほしい箇所があればお問い合わせください。

動画を作る基本的な流れ

  1. 企画
  2. 撮影・素材の準備
  3. 編集
  4. 出力

動画を作るには、基本的に企画、撮影、編集、出力の順番に作業を進めていきます。

作業内容については、下で詳しく説明します。その前に動画を作るのに揃えるものを覚えておきましょう。

動画を作るために必要なもの

動画を作るには、最低限、以下のものが必要です。

  1. ビデオカメラ(実写素材が必要な場合)
  2. パソコン(スマートフォン)
  3. 動画編集ソフト(アプリ)
  4. 各種素材データ
    • 動画データ(撮影したものなど)
    • 音楽、音声データ
    • 写真などの画像データ
各種素材データのファイル形式について

動画データ・・・AVI、MOV、MTS、mp4、mpgなど

音楽、音声データ・・・WAV、mp3、AIFなど

写真や画像データ・・・jpg、png、TIFFなど

企画

企画を簡単に説明すると「どんな動画を作りたいか考える」作業です。

いい動画を作るには、撮影や編集をはじめる前にしっかりとした準備が必要です。企画や構成は、動画を作るのにマジで1番重要な項目なので出来る限り入念に準備することをおすすめします。

動画の企画は、映画で言うところの脚本、マンガのストーリーにあたる部分です。きっとアナタにも経験があるはず。映像はすごいけどつまらない映画。逆に絵は汚いけど面白いマンガ。

見る人の心を動かすのは、クオリティやテクニックではなく「何を伝えたい」かです。

他にも企画をちゃんと作ってるかどうかで、後の素材集めや編集の労力に大きな差が出来てきます。企画を準備せずに動画を作っていると、後から「あの素材が足りない」とか「必要なシーンを撮り逃した」なんてことになってしまうので注意しましょう。

動画の企画を考えるにあたって

  • どんな動画にしたいのか?
  • 誰に何を伝えたいのか?
  • この動画を見た人にどんな感情(行動)になってほしいのか?

なんてのを考えて作るようにすれば、きっとステキな動画になると思います。

企画が固まると動画全体の流れを考えて、各シーンにどんな素材が必要なのかを洗い出していきます。一般的には絵コンテや脚本が企画をまとめたものになりますが、これは初心者には作るのが難しいので、初めは字コンテといって動画の流れや入れたいシーンを箇条書きにしたものが取っ付きやすいと思います。

字コンテ例

例えば子供の運動会の動画を作りたい場合の字コンテです。

シーン1
運動会のはじまり:運動場全景、運動会タイトル、運動場に集まる保護者たち、運動会の準備をしている子供たち

シーン2
競技シーン:競技に出場している子供、応援するクラスメイトや保護者

シーン3
昼食:ごはんを食べる子供たち、家族会話、自分の子供とその友達の会話

シーン4
競技シーン2:競技に出場している子供、応援するクラスメイトや保護者

シーン5
運動会のおわり:閉会式全景、子供の表情(アップで)、先生の顔、自宅に帰っていく保護者たち、誰もいなくなった運動場、夕暮れの校舎

非常にざっくりですが、こんな感じで動画の流れを読めばわかるようなものをつくります。

あとは字コンテ通りに撮影して、編集ソフトで編集すればそれなりに見ごたえのある動画になります。

撮影・素材の準備

撮影・素材の準備では、ビデオカメラで動画素材を撮影したり動画に使う写真素材やイラスト、アニメーションなんかの動画用素材を準備する作業ですね。

基本的には、企画でまとめたものを順番に撮影していきます。作りたい動画によっては実写ではない場合もあるので、その場合は作りたい動画にあわせて必要な素材を準備します。

スライド動画なら写真素材がメインなので写真撮ったりイラスト作ったりですね。

また撮影した映像は使わず、写真や画像素材などをコンピューターで動きを付けたアニメーション映像をモーショングラフィックスと呼びます。

関連記事【入門編】動画撮影に最適なビデオカメラと撮影に必要な機材リスト

撮影

動画を作る要素として撮影作業も非常に重要な項目です。プロの世界でも撮影するカメラマンと編集するエディターは別々の人が担当するのが基本です。

初心者の場合は、この2つを自分でこなさなければいけないので、これだけでハードルがグイーンと上がってしまいます。僕なんかは、地方の個人業の動画屋さんなので撮影、編集、CGまでほとんど1人で対応しています。MA(ナレーションや音効)だけは、1人ではどうにもならないので、業者さんにお願いしています。

初心者さんが撮影する場合は、基本的にはカメラを動かさないというルールを徹底して下さい。

これだけで、撮影した画の安定感がグッと上がります。

他にも、たった3つのポイントを気を付けるだけで、初心者でも上手に撮影をすることが出来ます。撮影がうまく行くと編集も楽しくなるので、この3つのポイントは取り入れてみてください。

カメラワーク

撮影道具をそろえよう

初心者の入門用ビデオカメラの選び方と本格的な動画を作るのに必要な機材をリストとしてまとめた記事です。

照明

現在準備中です。

録音

現在準備中です。

編集

動画編集ソフトに素材を読み込み、切ったり貼ったりして1本の動画にまとめる作業です。

動画編集の基本的な流れは、以下の通り。

  1. 動画編集ソフトを起動する
  2. 素材を編集ソフトに読み込む
  3. 素材を編集する(切ったり、つなげたり)
  4. 動画ファイルに書き出す

基本的に動画編集ソフトの使い方は、どの動画編集ソフトでも考え方は同じです。ボタンの位置が違うだけで、行う操作は基本的に同じなので、1つのソフトに慣れてしまえば、他のソフトに乗換える時でもスムーズに乗換えが出来ると思います。

動画編集の準備

動画編集はパソコンか?スマホか?

動画を作るという作業で言えばどちらでも問題なく動画編集が出来ます。

なにが違うのかというと、細かなカット割りや加工、合成まで考えると動画編集の表現できる幅で言えば、パソコン版が圧倒的に有利です。また大きな画面で作業を出来る作業環境においても集中しやすいと感じる人が大半だと思います。

ではどんな人がスマホ向きなのかというと、簡単なカット(切り貼り)のみ、簡単な文字入れぐらいしかしないというライトユーザーになると思います。

少しでも「凝りたい」「丁寧に作りたい」と思う人は、迷わずパソコンでの作業を選んで下さい。

動画編集用のパソコンはノートか?デスクトップか?

快適な作業環境を手に入れるなら圧倒的にデスクトップです。

動画編集という作業は、パソコンのパワーをめちゃくちゃ使うので、快適に動画編集をしようと思うと性能の良いパソコンが必要になります。性能だけでなくノートパソコンは常にモニターが下側にあることで、頭が下がり姿勢が悪くなる傾向にあります。

動画編集は、時間の掛かる作業でもあるので、長時間、悪い姿勢を続けていると健康面でも問題が起こりやすいです。デスクトップであれば体に負担の掛からない姿勢を意識的に保つことが可能です。どうしてもノートパソコンで動画編集をする場合は、外付けモニターをつなげて作業をするといいですね。

また、デスクトップの方が単純に性能がいいということもあるんですが、小さなノートパソコンを高性能にまとめようとすると、その分小型化するコストが上乗せされ結果的に費用が高くなります。(デスクトップと同じ性能のノートパソコンを作る場合)

なので動画編集もガンガン出来るような性能のノートパソコンは、めちゃくちゃ高いです。。。

動画編集ソフトを選ぶ

動画編集で覚えておきたいチョー基本用語

動画編集をはじめよう

まずは無料で使える、おすすめの動画編集ソフトをインストールしよう!

インストールが完了したら実際にDaVinci Resolveを操作してみよう!

DaVinci Resolveの基本操作

  1. DaVinci Resolveのインストール
  2. 動画編集の前にDaVinci Resolveのプロジェクト設定を確認しよう
  3. DaVinci Resolveに動画素材を読み込む
  4. DaVinci Resolveで動画をカットして編集する
  5. DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順
  6. DaVinci Resolveでタイムラインの動画を拡大・縮小する手順
  7. DaVinci Resolveで編集した動画を動画ファイルへ書き出す
  8. DaVinci Resolveで画面サイズ(解像度)を変更する(近日公開予定)
  9. DaVinci Resolveで複数の動画をつなげて結合させる(近日公開予定)
  10. DaVinci Resolveで動画に音楽、音声を入れる(近日公開予定)
  11. 編集した動画をYoutubeに公開する(近日公開予定)
  12. 編集した動画をDVDプレイヤーで再生できるようにする(近日公開予定)
  13. 編集した動画をBlu-rayプレイヤーで再生できるようにする(近日公開予定)

合成

現在準備中です。

出力

編集した動画を動画ファイルへ書き出します。

Youtubeなどインターネットで視聴やDVDなどプレイヤーで動画を視聴するなど媒体に合わせた出力が必要です。

大体は編集ソフトで必要なデータへ書き出しを行います。

Youtubeなどインターネット上で使う場合は、データへの書き出しで、特に問題はないのですがDVDなどプレイヤーで再生が必要なものは、オーサリングという後処理が必要になります。