【初心者向け】動画撮影がすぐにウマくなる3つのポイント

【初心者向け】動画撮影がうまくなるための3つのポイント

はじめてビデオカメラを買って撮影してみたものの、後で撮影したものを見返してみると、めちゃくちゃ見づらい。。。

なんてことは、ほとんどの人が経験する最初の挫折です。

はじめから撮影がうまい人なんていません。見やすい映像、伝わりやすい映像って何だろう?時間をかけて試行錯誤しながらいろいろ考えていくうちにうまくなっていくものです。

でも、ちょっと意識するだけで撮影初心者でもうまく撮影できる3つのポイントがあるんです!いいんです!教えちゃいます!

スマートフォンで子供の動画を撮影するお母さんたちにも見てほしいです!

この記事を読んで撮影してみてください。めちゃくちゃ見やすい映像になるはずです!

関連記事動画の作り方チョー入門編!動画作成の基本と流れ

【1.】撮影中にカメラを動かさない

撮影中はカメラを動かさないように意識しましょう。

初心者ほどついついカメラを動かしてしまう人が多いので、撮りたいものを決めてカメラに収まるようにじっと撮影するのがポイントです。

カメラを動かさずに撮影することをフィクス撮影といいます。フィクス撮影は動画撮影の基本中の基本の撮影テクニックということを覚えておいてください。

近年の映像作品では機材の進歩などで動きのある映像が多いですが、専用の機材だから表現できるものなので、まずはフィクス撮影で撮りたいものを撮影できるようになることが上達への近道です。

カメラを動かす撮影テクニック

ここでは撮影初心者がやってはいけないコトとしてカメラを動かす撮影テクニックを紹介します。

パン

チルト

ドリー

トラック

【2.】画面サイズを使いわける

画面サイズとは撮影するメインの被写体(人やモノ)が画面内でどれくらいの大きさで映っているか、ということです。

動画を撮影する時に1カット(撮影ボタンを押して、録画が終わるまで)ごとに画面内の被写体の大きさをわけることを気にかけて下さい。画面サイズが変わる事で動画にリズムができてグンと見やすい動画になります。

被写体が小さい順に大きく分類してロングショット、ミディアムショット、アップショットといいます。初心者の内はこの3つを使い分けていれば十分です。画面サイズの基本中の基本、ザ・ベーシックです!覚えておきましょう!

ロングショット 被写体の頭から足までが画面内におさまるサイズ
ミディアムショット 被写体の腰から上付近が画面内におさまるサイズ
アップショット 顔や手など映したい部分が画面いっぱいにおあさまるサイズ

この3つの画面サイズを使い分けて撮影することで編集せずに、ただ繋げただけでもそれなりに見れる映像に仕上がっているはずです!

テレビや映画など完成映像を見るとわかりやすいのですが、映像作品の基本として同じ画面サイズのカットを連続して繋げることはNGとなっています。

これはなぜかというと、画面サイズが変わらない動画が連続でつながっていると、動画を見ている人は情報の変化量が少なくなり退屈に感じてしまうからです。極端な話し動きのない同じ映像をずっと見続けるのは苦痛と感じるはずです。

画面サイズ一覧

上で紹介したロングショット、ミディアムショット、アップショットはさらに細かい画面サイズがあるので参考がてら載せておきます。初心者の人は基本の3つのサイズで十分なので、まずは基本の3つを使い分けれるようになりましょう。

ロングショット

被写体の大きさに関係なく景色など広範囲な画になります。情報量が多く「今どこにいるのか」「そこで何が起きているか」状況説明的な使い方をします。

フルフィギュア

ミディアムショット

ニーショット
ウェストショット
バストショット

アップショット

クロースアップ
ディテール

さいごに3つ目のポイント

【3.】1カット10秒撮影する

これも初心者に多いんですが、1カットがめちゃくちゃ短い!

1カット2,3秒とか後で見返しても一瞬のことで何がなんだかわかんないし、ものたりない!みたいな状態になります。

動画を撮影するうえでの心構えとして「撮影中の10秒は意外に長い」です。

撮影中じっと10秒を数えながら撮影していると、なんだか長~く感じると思います。でもね、あとで撮影した動画を楽しみたいのであれば1カット10秒ぐらいないと、じっくり鑑賞できません。マジで。

まずは見やすく伝わる動画を撮影することが大切です。

さいごに

動画撮影がうまくなる3つのポイントのおさらいです。

  • 撮影中にカメラを動かさない
  • 画面サイズをつかいわける
  • 1カット10秒撮影する

この3つを守るだけで、めちゃくちゃ見やすい動画になります。

素敵な動画じゃんじゃん作って下さい!

関連記事動画の作り方チョー入門編!動画作成の基本と流れ

買い忘れたモノはないですか?
【初心者向け】動画撮影がうまくなるための3つのポイント

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。