DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順

DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順

動画編集で動画に文字やテロップ、字幕などを入れる手順を解説します。

Step01. タイムラインに動画を配置します

DaVinci Resolve:タイムラインに動画を配置

文字やテロップを入れたい動画をタイムラインに配置します。

タイムラインに挿入すまでの手順が分からない人は下記の記事を参考にして下さい。

Step02. タイムラインにテキストレイヤーを挿入

DaVinci Resolve:タイムラインにテキストレイヤーを挿入

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

エフェクトライブラリから「タイトル」→「テキスト」をタイムラインにドラッグ&ドロップします。

タイムラインに挿入した文字を編集するレイヤーをテキストレイヤーと言います。

Step03. テキストレイヤーを調整

DaVinci Resolve:タイムラインにテキストレイヤーを挿入・調整

テキストレイヤーを配置したら文字(テロップ)を表示したい長さをドラッグして調整します。

Step04. テキストを編集する

テキストレイヤーを選択

DaVinci Resolve:テキストレイヤーをクリック

テキストレイヤーをクリックして選択します。

選択されると赤枠が表示されます。

インスペクタを編集

DaVinci Resolve:インスペクタを編集

テキストレイヤーを選択すると画面右上、インスペクタが表示されます。

表示されない場合はインスペクタタブをクリックして下さい。

インスペクタ内のリッチテキスト下部の文字情報を変更することで、好きな文字列に変更出来ます。

文字効果を編集する

DaVinci Resolve:インスペクタを編集画面 DaVinci Resolve:インスペクタを編集画面2

インスペクタをスクロールすると、文字効果として「ドロップシャドウ」「ストローク」「バックグラウンド」があり、これらを編集することで文字のデザインを調整することが出来ます。

どのような感じになるか見てみましょう。

ドロップシャドウ

DaVinci Resolve:テキスト・ドロップシャドウ

ドロップシャドウは文字に影をつける効果があります。

影を付けることで文字を立体的に見せたり、文字が見えやすくなる効果があります。

ストローク

DaVinci Resolve:テキスト・ストローク

ストロークは文字のフチを作成します。

あまり数値を高くすると文字がつぶれてしまうので注意して下さい。

個人的には文字の外側だけにフチが出来てほしいのですが、外と内にフチが出来る仕組みになっています。

バックグラウンド

DaVinci Resolve:テキスト・バックグラウンド

バックグラウンドは、文字の背景に1枚パネルを敷くようなイメージです。

サイズを自由に調整することが出来ます。

 

DaVinci Resolve:テキスト調整しました。

調整して、こんな感じにしました。

これで、文字(テロップ)を動画に入れることが出来ました。

 

他にもこんな感じの文字も。

DaVinci Resolve:テキストテスト

サイズや色を調整することでテレビのようなテロップを作ることも出来ます。

字幕を入れる手順

上で解説したテキストレイヤーでも字幕を入れることは出来ますが、サブタイトルレイヤーを使った方が管理も楽になるので、字幕を入れる場合はサブタイトルレイヤーを使いましょう。

DaVinci Resolve:サブタイトルレイヤーを挿入

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

エフェクトライブラリのタイトルをスクロールすると一番したに「Subtitle」という項目があります。

これをタイムラインにドラッグ&ドロップしてタイムラインに挿入します。

字幕を編集する

DaVinci Resolve:サブタイトルを編集

テキストレイヤーと同じように赤枠「Track Style」で字幕のデザインを編集します。

これで字幕も簡単に入れることが出来ます。

Subtitleをレンダリングする時に注意すること

字幕を入れるSubtitleですが、デリバーでレンダリングする時に注意点があります。

デリバー字幕設定

デリバーの設定パネルの「Subtitle Settings」の Format タブを「Burn into video」に変更して下さい。

これを設定していないと Subtitle(字幕)が動画に書き込まれないので注意して下さい。

そもそもなぜ、こういう機能があるかというとDVDなんかで字幕のデータを動画のデータと分けたい時に字幕部分のデータを別ファイルに書き出す必要があります。映像データと字幕データを別々に管理するための機能なのです。

動画に文字、テロップ、字幕を入れる手順は以上です。

\URLをコピーしてシェアしてね!/
この記事のURLをコピーする

DaVinci Resolve を使った動画編集ガイド

動画編集の第一歩 DaVinci Resolve を使ってみよう

  1. DaVinci Resolveのインストール
  2. DaVinci Resolve 言語切替えの設定手順
  3. 動画編集の前にDaVinci Resolveのプロジェクト設定を確認しよう
  4. DaVinci Resolveに動画素材を読み込む
  5. DaVinci Resolveで動画をカットして編集する

これだけは覚えておきたい動画編集の基本操作

  1. DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順
  2. DaVinci Resolveに画像を読み込んで動画に配置する手順
  3. DaVinci Resolveで動画を上下左右に反転させる手順
  4. DaVinci Resolveで動画をクロップ(トリミング)する2つの手順
  5. 動画のつなぎ目にディゾルブ(トランジション)を追加する手順
  6. DaVinci Resolveでタイムラインの動画を拡大・縮小する手順
  7. 【明るさ補正】暗い動画を明るくする手順
  8. 動画ファイルの映像データと音声データを切り離す
  9. 音楽ファイルの編集と音量の調整
  10. 画像やテロップを動かしてアニメーションさせる手順(公開予定)
  11. 見やすい動画をつくる動画の画面レイアウトについて(公開予定)
  12. DaVinci Resolveで編集した動画を動画ファイルへ書き出す
  13. 編集した動画をYoutubeに公開する(公開予定)

DaVinci Resolveをさらに使いこなそう!

  1. DaVinci Resolveで早送り、倍速動画を作る手順
  2. DaVinci Resolvで動画ファイルを変換、圧縮する手順
  3. 手振れ動画を補正して滑らかな映像にする手順(公開予定)
  4. DaVinci Resolveで動画をスロー再生にする(公開予定)
  5. DaVinci Resolveで動画にぼかし・モザイクをいれる(公開予定)
  6. DaVinci Resolveで正方形の動画を作る(公開予定)
  7. DaVinci Resolveで動画を逆再生にする(公開予定)
  8. DaVinci Resolveで動画を回転させる(公開予定)
  9. DaVinci Resolveでスライドショーを作る手順(公開予定)
  10. 編集した動画をDVDプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
  11. 編集した動画をBlu-rayプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
買い忘れたモノはないですか?
DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

7 件のコメント

  • 字幕について、ページを参考に入れてみたのですが、いざ書き出ししたところ表示されていませんでした。
    プリセット形式はYoutube・MP4です。

    • たっつんさん
      コメントありがとうございます!

      大事なことが抜けていましたので、追記して記事を更新しました。
      Subtitle(字幕)を入れた状態で動画を書き出す際に設定が必要です。これを設定すれば問題が解決すると思いますので追記部分をご確認下さい。

  • こんにちは。こちらのサイトを参考に初めて導入してみました。
    とても分かりやすい説明で助かります!
    ところで、テキストを入れてみようとStep2.まで進んだところ、動画上に「DaVinci Resolve」のロゴとタイトルが重なっており、消し方がわかりません。これは、無償版では無理なのでしょうか?
    ちなみに、導入したバージョンは【DaVinci_Resolve_14.3.1_Windows】です。

    • たっつんさん
      コメントありがとうございます!
      分かりやすいと言ってもらえて励みになります。

      >動画上に「DaVinci Resolve」のロゴとタイトルが重なっており、消し方がわかりません。
      さて、上記についてですが、ウォーターマーク(透かし)のことですかね?恐らくDaVinci Resolveのバージョン違いが原因じゃないかと思います。

      当サイトの解説はすべて無償版のDaVinci Resolve 15 を使用しています。導入したバージョンが【DaVinci_Resolve_14.3.1_Windows】とのことですので、最新版をインストールすれば解決すると思います。

      インストール手順は、下記のページで解説していますので、必要であれば参考にしてください。
      https://mobstyley.net/video/video-editing/davinci-resolve-install/

      • 返信ありがとうございます!
        改めて【DaVinci_Resolve_15.3.1_Windows】を導入しなおしました。
        お陰様でウォーターマーク?とされるロゴはありませんでした。

        コメント場所が違っているかもしれませんが、続けて別の質問です。
        この「DaVinci Resolve」ソフトで、動画の蛍光灯によるチラつき「フリッカー現象」を修正することはできますか?

        • どうぞどうぞ。なんでも聞いてください。

          フリッカーについては、フリッカー現象を修正する「Deflicker」というエフェクトがあります。これを使うと、あら不思議!フリッカーが消えます。ですが残念ながら無償版では、この「Deflicker」は機能制限が掛かっているため、ウォーターマークが表示されます。このエフェクトを使うには、DaVinci Resolve Studioにアップグレードする必要があります。

          一応効果を確かめることが出来るので、エフェクトライブラリ→OpenFX→Deflickerをフリッカーが発生している素材に適用してみて下さい。

          • 返信が遅くなってすみません(汗
            そうですか・・有料版なのですね。でも、出来ることが分かっただけでもとっても助かりました!
            これからも、こちらのサイトを見させていただきながら使い方を勉強してゆきます♪
            ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。