DaVinci Resolveで動画を分割する手順

DaVinci Resolveで動画を分割する手順

無料で使える動画編集ソフト、DaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルブ)で動画を分割する手順を解説します。

基本的な作業の流れは、動画ファイルを分割して、必要な動画のみを書き出すという流れになります。

作業内容自体は非常にシンプルなので、是非チャレンジしてみて下さい。

新規タイムラインの作成

Step01. メニュー項目ファイルから新規タイムラインをクリック

新規タイムラインの作成。

最初に新規タイムラインを作成します。

タイムラインとは編集する動画素材などを並べるためのハコのようなものです。このタイムラインの中で動画を切ったり繋げたり、文字を入れたりして1本の動画を作っていきます。

Step02. 新規タイムラインの設定をする

DaVinci Resolve:新規タイムラインを設定。

新規タイムラインの設定ウィンドウが表示されるので、任意で設定。

これらの項目は編集中でも自由に変更できるため、基本的には何も変更しなくても問題ありません。作成ボタンをクリックして下さい。

Step03. 新規タイムラインの確認

DaVinci Resolve:新規タイムラインの確認。

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

赤枠部分を確認して下さい。

メディアプールに新規タイムラインが新しく作成され、タイムラインにはビデオ1とオーディオ1が作成されました。

ビデオ1とオーディオ1が作成された場所をタイムラインと言います。ここに動画ファイルなど編集する素材を入れて作業をします。

タイムラインにクリップを読み込む

Step01. タイムラインに分割したい動画を選択して右クリック

DaVinci Resolve:タイムラインに読み込む動画を選択して右クリック。

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

メディアプールの動画を右クリックするとメニューが表示されます。

DaVinci Resolve:メディアプールの動画から右クリックメニュー。

「選択したクリップをタイムラインに挿入」をクリックして下さい。

タイムラインへはドラッグ&ドロップでもクリップを読み込むことが出来ます。

Step02. タイムラインに挿入された動画を確認する

DaVinci Resolve:タイムラインに配置された動画クリップ。

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

ビデオ1とオーディオ1に動画素材が読み込まれたのが確認出来ます。

Step03. タイムラインの表示を拡大縮小する

動画素材が読み込めましたが、今のままではタイムラインの全体が把握できないのでタイムラインの表示領域を縮小しましょう。

DaVinci Resolve:タイムラインの拡大縮小

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

赤枠部分を触ってみましょう。

DaVinci Resolve:タイムラインの拡大縮小を操作。

マイナスボタンを押すとタイムラインが縮小表示されタイムラインの全体像が把握しやすくなります。

逆にプラスボタンを押すとタイムラインが拡大され、細かな編集などにやりやすくなります。

タイムラインの動画を分割する

タイムラインに配置した動画ファイルを分割しましょう。

DaVinci Resolve:編集ツールの解説

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

基本的な編集には、上の画像の赤枠部分にある編集モードを使い分けて作業をします。

DaVinci Resolve:主な編集ツール

動画を分割するには、右端のレーザー編集モードを使います。

DaVinci Resolve:レーザー編集モード レーザー編集モード タイムラインに配置されたつながった1本の動画素材などを分割します。

捕捉ですが、他の編集モードに「選択モード」、「トリム編集モード」があります。

この2つのモードも動画編集作業には必ず使うので覚えておきましょう。

DaVinci Resolve:選択モード 選択モード タイムラインの動画素材などを選択して、移動や並べ替えをするためのモードです。
DaVinci Resolve:トリム編集モード トリム編集モード タイムラインに配置された素材の前後を削り、調整するモードです。

それでは実際にレーザー編集モードで動画ファイルを分割する作業画面をご覧ください。

レーザー編集モードの操作画面

DaVinci Resolve:レーザー編集モード

タイムラインビューアーを確認しながら、好きな位置で分割することが出来ます。

分割していらない部分があれば、選択して【Back Space】ボタンで削除出来ます。

あとは分割した動画を1つずつ動画ファイルに書き出せば、分割された状態で書き出すことが出来ます。

その他の編集モード

残り2つの編集モードについても操作画面を準備しました。

操作画面を見て、どんな使い方をするのかが、何となくわかると思います。

選択モード

DaVinci Resolve:選択モード

選択モードは単純ですね。

操作画面の通り、選択して移動させることがメーンのモードです。もっとも使う基本操作のモードです。

トリム編集モード

DaVinci Resolve:トリム編集モード

操作画面でわかるように、タイムラインの動画素材の前と後ろを調整します。

もうちょっと、「ここ伸ばしたいな」「もうちょっとここ削りたいな」なんて時に便利です。

動画を分割する手順の解説は以上です。

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

DaVinci Resolve を使った動画編集ガイド

動画編集の第一歩 DaVinci Resolve を使ってみよう

  1. DaVinci Resolveのインストール
  2. DaVinci Resolve 言語切替えの設定手順
  3. 動画編集の前にDaVinci Resolveのプロジェクト設定を確認しよう
  4. DaVinci Resolveに動画素材を読み込む
  5. DaVinci Resolveで動画をカットして編集する

これだけは覚えておきたい動画編集の基本操作

  1. DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順
  2. DaVinci Resolveに画像を読み込んで動画に配置する手順
  3. DaVinci Resolveで動画を上下左右に反転させる手順
  4. DaVinci Resolveで動画をクロップ(トリミング)する2つの手順
  5. 動画のつなぎ目にディゾルブ(トランジション)を追加する手順
  6. DaVinci Resolveでタイムラインの動画を拡大・縮小する手順
  7. 【明るさ補正】暗い動画を明るくする手順
  8. 動画ファイルの映像データと音声データを切り離す
  9. 音楽ファイルの編集と音量の調整
  10. 画像やテロップを動かしてアニメーションさせる手順(公開予定)
  11. 見やすい動画をつくる動画の画面レイアウトについて(公開予定)
  12. DaVinci Resolveで編集した動画を動画ファイルへ書き出す
  13. 編集した動画をYoutubeに公開する(公開予定)

DaVinci Resolveをさらに使いこなそう!

  1. DaVinci Resolveで早送り、倍速動画を作る手順
  2. DaVinci Resolvで動画ファイルを変換、圧縮する手順
  3. 手振れ動画を補正して滑らかな映像にする手順(公開予定)
  4. DaVinci Resolveで動画をスロー再生にする(公開予定)
  5. DaVinci Resolveで動画にぼかし・モザイクをいれる(公開予定)
  6. DaVinci Resolveで正方形の動画を作る(公開予定)
  7. DaVinci Resolveで動画を逆再生にする(公開予定)
  8. DaVinci Resolveで動画を回転させる(公開予定)
  9. DaVinci Resolveでスライドショーを作る手順(公開予定)
  10. 編集した動画をDVDプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
  11. 編集した動画をBlu-rayプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
買い忘れたモノはないですか?

お役に立ちましたらシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。