DaVinci Resolveで動画ファイルをタイムラインに配置する手順

DaVinci Resolveで動画ファイルをタイムラインに配置する手順

DaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルブ)で動画ファイルや音楽ファイルなど読み込んだメディア(素材データ)をタイムラインに配置する手順について解説します。

Step01. メディアの読み込み

DaVinci Resolveを起動したら、まずは動画ファイルなど、素材となるデータをメディアプールに読み込みます。

DaVinci Resolve:メニューバーからメディアの読み込み

メニューバーから【ファイル】→【Import File】→【メディアの読み込み】をクリックします。

Step02. タイムラインの作成

次に素材を並べて編集するためのタイムラインを作成します。

新規タイムラインの作成。

メニューバーから【ファイル】→【新規タイムライン…】をクリックします。

DaVinci Resolve:新規タイムラインを設定。

新規タイムラインの設定ウィンドウが表示されるので、任意で設定。

これらの項目は編集中でも自由に変更できるため、基本的には何も変更しなくても問題ありません。作成ボタンをクリックして下さい。

Step.03 タイムラインに動画ファイルなどの素材を配置

メディアプールに読み込んだ素材データをタイムラインに挿入します。

DaVinci Resolve:タイムラインに読み込む動画を選択して右クリック。

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

メディアプールに読み込んだ動画ファイルを右クリックするとメニューが表示されます。

DaVinci Resolve:メディアプールの動画から右クリックメニュー。

「選択したクリップをタイムラインに挿入」をクリックして下さい。

タイムラインへはドラッグ&ドロップでもクリップを読み込むことが出来ます。

動画ファイルなどの素材データをタイムラインへ配置する手順は以上となります。

動画編集の基本を覚えよう

DaVinci Resolveの基本操作

  1. DaVinci Resolveのインストール
  2. 動画編集の前にDaVinci Resolveのプロジェクト設定を確認しよう
  3. DaVinci Resolveに動画素材を読み込む
  4. DaVinci Resolveで動画をカットして編集する
  5. DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順
  6. DaVinci Resolveでタイムラインの動画を拡大・縮小する手順
  7. DaVinci Resolveで編集した動画を動画ファイルへ書き出す
  8. DaVinci Resolveで画面サイズ(解像度)を変更する(近日公開予定)
  9. DaVinci Resolveで複数の動画をつなげて結合させる(近日公開予定)
  10. DaVinci Resolveで動画に音楽、音声を入れる(近日公開予定)
  11. 編集した動画をYoutubeに公開する(近日公開予定)
  12. 編集した動画をDVDプレイヤーで再生できるようにする(近日公開予定)
  13. 編集した動画をBlu-rayプレイヤーで再生できるようにする(近日公開予定)

DaVinci Resolveをさらに使いこなそう!

  1. DaVinci Resolveで早送り、倍速動画を作る手順
  2. DaVinci Resolveで動画を左右、上下に反転させる(近日公開予定)
  3. DaVinci Resolveで動画をクロップ(トリミング)する2つの手順
  4. DaVinci Resolveで動画を分割する(近日公開予定)
  5. DaVinci Resolveで動画をスロー再生にする(近日公開予定)
  6. DaVinci Resolveで動画から音声のみ抽出する(近日公開予定)
  7. DaVinci Resolveで動画にぼかしをいれる(近日公開予定)
  8. DaVinci Resolveで正方形の動画を作る(近日公開予定)
  9. DaVinci Resolveで動画を逆再生にする(近日公開予定)
  10. DaVinci Resolveで動画を回転させる(近日公開予定)
  11. DaVinci Resolvで動画ファイルを変換、圧縮する手順
買い忘れたモノはないですか?
DaVinci Resolveで動画ファイルをタイムラインに配置する手順

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。