動画の解像度。動画編集で使う一般的な解像度と種類

動画の解像度。動画編集で使う一般的な解像度と種類

動画編集をはじめる前にまず最初に覚えておかなくてはいけないのが解像度。

  • 1280×720
  • 1920×1080
  • 3840×2160

上記のような表記をします。テレビやビデオカメラで採用されている解像度で画素数とも言います。

じゃぁこの解像度が、なぜわかっていないといけないのか?

例えば「何か動画を作りましょう」となった時に編集した動画を見る場所は、だいたい決まっていると思います。

Youtubeで見たり、DVDやBlu-rayで見たりと作った動画の視聴環境は、想像できますよね。

YouTubeなら、ある程度どんなサイズの動画も配信できますが、DVD や Blu-ray は再生上の規格が決まっていて何でも大丈夫とはならないのです。そのため動画編集をはじめる段階で編集する動画の解像度を決めておく必要があります。

解像度がわからないまま適当に動画を作ると画面で見た時に解像度が足りずボヤけて見えたり、アスペクト比が合わず画面の上下左右のどちらかに黒い帯が出来たりと意図しない結果になることがあります。

そうならない為にも動画の解像度は、最初に覚えておきたいです。

解像度とは

解像度とはピクセルという単色のマスの集合体で、このピクセルが多い程、映像が詳細で高画質になり、ピクセルの総数を画素数と呼びます。

画素数が高い程、表示される映像は詳細で高画質になります。画質の良し悪しを解像度が高い、低いと言います。

解像度の説明図

上記のように同じ画像でも解像度(ピクセルの総数)が違うと画像の鮮明さが明らかに違うことがわかります。

単純に「解像度が高い」「総画素数が多い」と鮮明で詳細な高画質ということになります。画質を決める要素は、他にもありますが、少しややこしい話しになってくるので、ここでは解像度、画素数の話しでとどめておきます。

動画編集で使われる解像度一覧

名称(読み方) 解像度 画素数
SD(エスディー:Standard definition television=標準解像度テレビ) 720×480  345,600
HD(エイチディー:High definition video=高精細度ビデオ) 1280×720  921,600
FHD※2K(フルエイチディー:Full High definition video=高精細度ビデオ) 1920×1080  2,073,600
UHD※4K(ウルトラエイチディー:Ultra High definition=超高精細) 3840×2160  8,294,400
SHV※8K(スーパーハイビジョン:Super High-Vision=超高解像/高精細映像) 7680×4320  33,177,600

4Kや8KのKは1,000を表し、解像度の幅が4,000、8,000あるという意味合いがあります。実際には4Kも8Kも少し足りないのですが、だいたいそんな感じ的な意味合いですね。

現在一般的な主流の解像度

解像度について深く理解するには、画素数やピクセル縦横比、アスペクト比など覚えることが複雑になってくるので、初心者の人はこの3つだけ覚えとけばとりあえずOK!他のは編集続けてれば必要なタイミングで勝手に覚えます。

  • HD(1280×720)
  • FHD(1920×1080)
  • UHD※4K(3840×2160)

動画の解像度を変更するには?

既存の動画の解像度を上げたり、下げたりすることもできます。

方法としては以下の3つが一般的です。

  • 編集ソフト上で行う
  • エンコーダーを使う
  • コンバーターを使う

技術的に解像度を大きくしたり小さくしたりすることは可能ですが、データ上の解像度を上げたからといって画質が向上することはありません。基本的に画質は低下します。

これは何故かというと、もともとは1ピクセルの情報だったものを無理やり2や4といった具合に引き延ばす行為なので画素数は増えますが詳細さを表す色のディティール部分が損なわれた状態になります。

これらの解像度を上げることをアップコンバート。下げることをダウンコンバートといいます。

動画の解像度を調べる方法

パソコンに取り込むことで動画の解像度を調べることが出来ます。

※操作画面はWindows10です。

動画ファイルの解像度を確認する1

エクスプローラーのリボンから詳細ウィンドウを選択(上部赤枠部分)

解像度を調べたい動画をクリックして選択すると右側に詳細ウィンドウが表示されます。

動画ファイルの解像度を確認する2

詳細ウィンドウのフレーム幅、フレーム高の数値が解像度です。上図であれば1280×720ですね。

メディアごとの解像度

DVDやBlu-rayディスクに採用されている解像度について。

DVDで採用している解像度は720×480のSD画質です。これより大きい解像度の記録は出来ません。ピクセルの縦横比でアスペクト比4:3と16:9を使い分けることができます。

Blu-rayディスクに採用されている最大解像度はUHDの3840×2160※4Kまで対応。

解像度の話しは、以上です。

買い忘れたモノはないですか?
動画の解像度。動画編集で使う一般的な解像度と種類

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。