【2017年】プロが教える撮りたい動画で選ぶおすすめビデオカメラ5選!

【2017年】プロが選ぶ目的別おすすめビデオカメラ5選!

子供の誕生にビデオカメラを買おう!とか動画作ってみたいから、とりあえずビデオカメラ買おう!と思ってみてもビデオカメラって沢山あってどれがいいのかわからない。しかも同じメーカーから何種類もでてて、どう違うのか全然わからな~い!!

って人のためにプロの動画屋さんの僕が目的別おすすめビデオカメラを5つ紹介!!

目的別というのは子供を中心に撮影したいとかYoutubeに投稿したいなど、動画を撮影する目的のことです!

と、おすすめビデオカメラを紹介する前にビデオカメラを選ぶための基本的なポイントを知っておくと失敗しにくいと思います。

関連記事動画の作り方チョー入門編!動画作成の基本と流れ

ビデオカメラを選ぶ基本的なポイント

  1. 動画を撮る目的(動画で何がしたいのか、動画を何に使いたいのか)
  2. 手振れ補正(手持ち撮影で映像がブレないか)
  3. 感度(暗い所でもキレイに撮れるか)
  4. 画角(狭い所でも全体が撮れるか)
  5. 解像度(画質がキレイか)

この5つのポイントがクリアされていればビデオカメラを選ぶ時に大きな失敗はしないと思います。

関連プロの動画屋さんが教えるビデオカメラの選び方

目的別おすすめビデオカメラ5選

子供の運動会や思い出をたくさん撮るならこのビデオカメラ!

SONY FDR-AX40

SONY FDR-AX40は感度、画角、解像度と家庭用のビデオカメラとしては十二分の性能を持っています。子供を撮影するビデオカメラとしてFDR-AX40をオススメする最大の理由は手振れ補正!

運動会や保育園、学校の行事なんかではビデオカメラのズームを最大にして撮影することがほとんどだと思います。パナソニックからも同程度の性能のビデオカメラが出ていますが、この最大ズーム時の手振れ補正の制度が1段違うんですね。

パナソニックのビデオカメラが悪いわけではないですがパナソニックのビデオカメラは最大ズーム時の妙なクセがあります。

こうスーッと画が動くんですよね。

その点SONYのFDR-AX40は最大ズーム時も妙なクセはなくしっかりと手振れを補正してくれます。常にズームで撮影をすることの多い子供の行事撮影では、この違いが大きいんです。

4K撮影に対応しているので動画の1フレームを写真として十分なクオリティで取り出せます。

FDR-AX40のもう一つ上のグレードでFDR-AX55がありますが、FDR-AX40との違いはビューファインダーの有無だけです。ビューファインダーは外が明るすぎて液晶モニターが見にくい時に使うものなので、液晶モニターの角度を変えたりして対応出来ます。てことで絶対必要なものではないと思います。

お金に余裕があるならAX55でもいいかもですね(笑

海や川、アウトドアが中心ならこのビデオカメラ!

JVC GZ-R470

 とにかくこのビデオカメラGZ-R470の最大の魅力は防水、防塵で水洗いまで出来るタフさ。アウトドアには持って来いのビデオカメラです!深さ5mの水中で30分間程度撮影しても本体内部に水が入り込まないので、プールや川、海でちょっと特別な思い出を動画で残すことが出来ます。

家族でプールに行ってこのビデオカメラで泳ぎながら撮影したら、めちゃくちゃ楽しい動画が撮れると思いません?

また価格も最安値で40,000円前後とビデオカメラとしては手頃な価格帯だと思います。

ただ、手振れ補正がSONYやパナソニックのビデオカメラほど優秀ではないので少し気を付けないといけないかもしれないですね。

いろんな所に取り付けて面白い動画が撮りたい!

GoPro HERO5 Black

 GoProは動画を撮るカメラですがビデオカメラではなくウェアラブルカメラ、アクションカムという種類になります。

音声やズームなどビデオカメラの用途としての基本性能はビデオカメラに劣りますがアイデア次第で、とても面白くクリエイティブな動画を撮ることが出来ます。また防水機能により海や川などアウトドアにも最適です。

思い出を動画で残すというよりは仲間や個人で楽しむ動画を作るカメラという印象が強いですね。

とにかく安く、そこそこ使えるビデオカメラ!

Panasonic HC-V360MS

 SONYやパナソニックなどメーカー製でとにかく安い30,000円を切る価格帯で、それなりに使えるビデオカメラです。

上位機種に比べれば性能は格段に落ちますが、特にこだわりがない人であれば気になる点はないかなと思います。ビデオカメラほしいけど、とにかくお金をかけたくないという人にオススメです。

また動画が撮れればなんでもいいのであれば最近のスマートフォンであれば十分な機能をもっています。ズーム機能が必要ないのであればスマートフォンでの撮影でも問題ないでしょう。

1点注意が必要なのがスマートフォンはデジタルズームという方法でズームします。そのためズームすれば画質が悪くなります。ズームを使う前提であればこのビデオカメラを買う意味が出てきますね。

とにかくハイクオリティでキレイな動画を撮りたい!

LUMIX DC-GH5

 ちょっと変わり種なビデオカメラ、いや一眼レフカメラですが動画撮影のためと言ってもいい一眼レフカメラなんです。実は僕も仕事ではこのカメラで動画撮影してます。

こいつがあれば、ちょっとした動画から映画までアイデアがあればどんな映像作品も作ることが出来ます。気軽に家族を撮影するなんて用途には生粋のビデオカメラに比べると不向きですが「とにかくハイクオリティでキレイな動画を撮りたい!」という目的は果たせます。

その分、編集や操作が少し難しいですがポテンシャルは素晴らしく高いカメラです。

とにかく撮影された画がキレイということで有名ユーチューバーたちがGH5をメインで撮影に使っています。

関連記事Panasonic GH5の導入を決めた7つの理由

さいごに

ビデオカメラをはじめて買う人は選択肢がたくさんあり正直めっちゃ迷うと思います。

大切なのは「ビデオカメラで何を撮りたいのか」だと思うので、撮りたいものを明確にし目的にあったビデオカメラを選んで下さい。

買い忘れたモノはないですか?
【2017年】プロが選ぶ目的別おすすめビデオカメラ5選!

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。