動画編集を本格的に学ぶなら、『レバレッジエディット』がおすすめ!

動画編集を副業にするなら、オンライン講座レバレッジエディットを受講した方が良い理由!体験談アリ

動画編集オンライン講座レバレッジエディット

YouTubeを見る人が多くなってきた昨今、動画編集ができるようになりたい!、動画編集で副業をしてみたい!という人がとても増えてきたように感じます。

ネット上に、無料で転がっている情報は数多くありますが、実際にネット上の情報だけで、動画編集をマスターすることは非常に難しいのも事実。

モブスタ
モブスタ

そこで今回は、映像制作歴15年の僕が、実際に講座の中身を見て、確かめた本当に実力がみにつく講座を紹介していきます!

これから動画編集を本格的に学ぼうという方におすすめのレバレッジエディットという動画形式のオンラインスクールをご紹介します。

そもそも

  • どうして動画編集を副業にしたほうが良いのか?
  • 動画講座を受けたほうが良い点

など、詳細に解説していこうと思っているので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ざっくり言うと
  • 動画編集の動画講座では、体系的にスキルを身につけられる
  • 講師が元Vtuberの制作会社出身なので、得られるスキルのレベルが高い
  • 買い切りコンテンツなので、繰り返し学習が可能
  • LINEで相談が可能なので、学習でつまずきづらい
  • 動画編集の講座ならレバレッジエディットは、おすすめ

動画編集の副業がおすすめの理由

最近、在宅やリモートワークの方が増えています。そんな中で今まで使っていた通勤の時間がなくなり、より仕事に打ち込める!という人は増えており、副業ブームがきています。その中でどういった副業をすべきなのでしょうか?

僕のオススメは動画編集です!では、一体なぜ動画編集なのか?説明していきます!

動画編集の市場は爆発的に伸びている

このグラフを見てもらうとわかるのですが、動画業界はますます発展していっております。

動画広告市場推計・予測 <デバイス別> (2018年-2023年)

参考:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

みなさんもYouTubeを見る時間が増えたり、新しいYouTube広告を見かたりしたことが増えているのではないでしょうか?Twitterの広告やインスタグラムの広告も動画が増えてきましたよね。あれらは全て、動画編集者が関わっていることが多いのです!

動画編集は副業として収入が得やすい

動画編集は、学習コストをかけることで習得しやすいスキルの一つです。プログラミングなどと違って副業でも即戦力として活躍することが可能です。また、1件あたりの単価が5,000円~数万円のものも多く、数をこなしたり単価の高い仕事を受注することで、着実に自分の時給を上げることが可能です。

動画編集は求人の数も非常に多い

Twitterや、クラウドワークスなどのソーシングサイトで、”動画編集者 募集”と検索すると多くの求人が出てきます。今まで在宅で稼げる副業として、ライターが流行っていましたが、空前の動画ブームによって求人の数が非常に増えています。しかもこれらの流れは、5Gがくることによってますます盛んになってくることでしょう。このチャンスを逃さないように、今から動画編集のやり方・学び方を説明するので見ていってください。

実際の求人内容を見てみよう!

Twitterで求人情報をもっと見る

動画編集のスキル習得はスクール・講座がおすすめ

動画編集は独学だと学べない!?

では、動画編集を未経験の方が学ぶには、一体どういった手法が良いのでしょうか?ブログ記事を検索しての独学?それとも、本から学習する?

実は、コストパフォーマンスを考えると動画講座が一番良いとされています。

まず、本から学ぶ場合。 動画編集は基本的にツールを使って行うので、動画などの媒体じゃないと分かりづらいと感じることが多いかもしれません。また書籍は、情報がまとまってはいるものの、情報がアップデートされないので教えられているツールの画面が古かったりして操作方法が変わってしまうということもあります。もちろん優良な書籍もあるので、本が絶対ダメというわけではありません。

ブログなども同様に文字ベースになってしまうので、かなり細かく書いていないと学びづらいかもしれません。

一方で、有料のスクールや講座だと、現役のプロや講師が教えてもらえることが多いので、安心して動画編集のスキルを身につけることができます。ただ、ここで注意したいのは、動画編集のスクールは高いことが多いです。

例えば、大手スクールT社の場合、割引込で、592,900円もしてしまいます。一般的に30万円以上はかかることが多いです。これらに、月額のツール代がかかってくるので、副業として数ヶ月で元を取れるのか?と考えると難しい場合が多いと思います。

しかし、動画コンテンツの講座であれば、比較的コストを抑えて学習することが可能です。

しかも、レバレッジエディットは映像制作15年の自分が実際に受けて、品質が担保されていることが分かっているので、「これなら」オススメです。

動画コンテンツの場合、講師がマンツーマンで、教える必要性がないので、価格を抑えることができて、しかも、受講生は、何度でも講義を見直すことができるのが、魅力なポイントです。

では、実際に、動画講座『レバレッジエディット』にはどのような内容が詰まっているのか?説明していきたいと思います。

レバレッジエディットの内容

レバレッジエディットは3つのコースで構成されています。

学習期間は、真剣に取り組めばおおよそ2週間~1ヶ月で1連の流れを掴むことが出来るでしょう。

Youtube編集コース

YouTube編集コースは、YouTuberのしゅくろーさんの動画素材を元に、動画編集を学ぶ講座になります。

  • Pr.0 レバレッジエディット&YouTube編集コースの概要(1本+資料)
  • Pr.1 YouTubeの基本(3本)
  • Pr.2 事前準備(5本)
  • Pr.3 カット編(4本)
  • Pr.4 テロップ編(6本)
  • Pr.5 エフェクト・アニメーション編(4本)
  • Pr.6 オーディオ編(6本)
  • Pr.7 書き出し編(3本)
  • Pr.8 編集効率化編(1本)

モーショングラフィックスコース

モーショングラフィックスコースは、web広告などでよくありがちなアニメーション広告を、After Effectsの基礎を学びつつ学習していくコースです。

  • Ae.0 モーショングラフィックスコースの概要(1本+資料)
  • Ae.1 Aftereffectsの基本(4本)
  • Ae.2 アニメーションとは『12の原則』(4本)
  • Ae.3 AEアニメーションの基本(4本)
  • Ae.4 シェイプアニメーション(5本)
  • Ae.5 テキストアニメーション(2本)
  • Ae.6 Aftereffects応用編(4本)
  • Ae.7 モーショングラフィックスの作り方(3本)
  • Ae.8 AEから書き出し(3本)

サムネ編集コース

サムネ編集コースはPhotoshopを使ったサムネイルの編集の基礎を学ぶことが可能な講座になります。

  1. サムネイルの考え方
  2. サムネイルの基礎
  3. リサーチ
  4. キャッチコピー
  5. レイアウト
  6. 制作風景A
  7. 制作風景B
  8. 比較、まとめ

\動画編集スキルを身につけるなら/

レバレッジエディット受講者の口コミ・評判

SNSで、どういった評価がされているのか?確認することができます。

ぜひチェックをしてみて、調べてみてください。

レバレッジエディットの口コミをもっと見る

\動画編集スキルを身につけるなら/

動画編集を副業にしたときの注意点

使用するツールはなんですか?

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Photoshop

になります。クリエイティブクラウドを課金することで、全て利用することが可能です。

Creative Cloud 公式サイトはこちら
最大65$OF学生・教職員版の特別プランはこちら

Windowsでも受講可能ですか?

  • まったく問題ありません。

必要なスペックはどれくらいですか?

  • CPUはCore i5の4コア以上
  • メモリ16GB以上
  • グラフィックボード(あると良い)

分かりやすいように説明するために、ざっくりにはなりますが、最低でも8万円以上のPCであれば十分受講することが可能です。ただ、After Effects編になると少し重いかもしれません。

ただし本格的に仕事で使うとなるとかなり厳しいので、ある程度、性能のいいパソコンを選んだ方がいいです。

動画編集を副業にするときのまとめ

  • 動画編集は副業として最適
  • 独学よりもスクールや講座で学んだほうが良い
  • コスパを最も重視するのであればWeb完結のオンライン講座がおすすめ
  • なかでも、レバレッジエディットは現役のプロ講師+YouTuberの素材を使っているので分かりやすい

\動画編集スキルを身につけるなら/

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする
買い忘れたモノはないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。