DaVinci Resolveに画像素材を読み込み動画に重ねて配置する手順

DaVinci Resolveに画像素材を読み込み動画に重ねて配置する手順

DaVinci Resolve(ダヴィンチ・リゾルブ)に画像素材となる画像ファイルを読込み動画に重ねて配置する手順を解説します。

画像素材を配置することでテレビっぽい雰囲気が出て、動画のクオリティアップにもつながるので、必ず習得しておきましょう。

DaVinci Resolveに画像ファイルを読込む

Step.01 メディアプールに画像ファイルを読込む

メディアプールで右クリック

画像ファイルを読込むには、メディアプールに画像ファイルをドラッグ&ドロップで読み込むか、メディアプール内を右クリックして、メニューから読み込みます。

Step.02 右クリックメニューからメディアの読み込み

DaVinci Resolveへメディアの読み込み

メディアプールから右クリックメニューの「メディアの読み込み」クリックして画像ファイルを読込みます。

選択ウィンドウが開くので、読み込みたい画像ファイルを選択して「開く」をクリックします。

読み込める画像ファイルの種類
jpg、png、psd、tif が読込み可能。(※ bmp、gif、ai は読み込めなかった。)

Step.03 画像ファイルの読み込み完了

メディアプールの画像ファイル

メディアプールに画像ファイルが読み込まれたことを確認して下さい。今回は、Photoshopで作成したpsdファイルを3つ読み込みました。

画像ファイルを動画に重ねて配置する

Step.01 タイムラインに読み込んだ画像ファイルを挿入する

タイムラインに画像ファイルを挿入

タイムラインに読み込んだ画像ファイルをドラッグ&ドロップで挿入します。

タイムラインの動画素材の上側に重ねる形になるように画像ファイルを挿入します。

これで、タイムラインに「ビデオ1」「ビデオ2」という素材を挿入できる場所が2段になりました。この素材が挿入できる「段」をトラックと呼びます。トラックは、何段でも重ねることが出来ますが、トラックが増えるほどパソコンに掛かる負担が多くなるので、少なくまとめるように意識しておきましょう。もちろん空のトラックであれば負荷に影響はありません。

トラックの管理

トラックの追加と削除

トラックは、タイムラインの左端のエリアの右クリックメニューから追加、削除を自由に行えます。トラック名(上図では、ビデオ1、ビデオ2など)はクリックすることで編集出来るので、必要であれば、わかりやすい名前をつけて管理しましょう。

Step.02 トラックへ読み込んだ画像ファイルを必要な長さに調整する

画像ファイルの長さを調整

タイムラインに読み込んだ画像ファイルを必要な長さに調整します。

クリップ(読み込んだ画像ファイル)の端をクリックした状態(クリックを離さない)で掴むことが出来ます。掴んだまま左右に動かし長さを調整して下さい。クリップの端がつかまれた状態を確認するには、クリップの端が緑色になっていることで確認出来ます。

Step.03 さらにトラックへ画像素材追加して動画に重ねる

複数の画像ファイルを配置する

さらに2つのトラックを追加して動画に重ねました。より伝わりやすい動画の1コマになりましたね。

トラックに配置した画像ファイルを調整する

上のStep.03では、すでに画像ファイルの位置や大きさを調整ずみですが、画面右側の「インスペクタ」で、各種調整が可能です。

インスペクタの編集

インスペクタの編集

調整したい画像クリップを選択した状態で、変形タブの項目を触ってみると変化がわかりやすいと思います。

  • ズームは、大きさを調整します。
  • 位置は、配置する場所を調整します。
  • 回転アングルは、回転させます。
  • アンカーポイントは、クリップの中心位置を移動させます。
  • ピッチは、縦方向にパースをつけます。
  • ヨーは、横方向にパースをつけます・
  • 上下反転は、上下左右に反転させます。

触ってみると、すぐにどんな効果かわかりますね。

画像ファイルの読み込みと配置、調整の手順は以上です。

DaVinci Resolve を使った動画編集ガイド

動画編集の第一歩 DaVinci Resolve を使ってみよう

  1. DaVinci Resolveのインストール
  2. DaVinci Resolve 言語切替えの設定手順
  3. 動画編集の前にDaVinci Resolveのプロジェクト設定を確認しよう
  4. DaVinci Resolveに動画素材を読み込む
  5. DaVinci Resolveで動画をカットして編集する

これだけは覚えておきたい動画編集の基本操作

  1. DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順
  2. DaVinci Resolveに画像を読み込んで動画に配置する手順
  3. DaVinci Resolveで動画を上下左右に反転させる手順
  4. DaVinci Resolveで動画をクロップ(トリミング)する2つの手順
  5. 動画のつなぎ目にディゾルブ(トランジション)を追加する手順
  6. DaVinci Resolveでタイムラインの動画を拡大・縮小する手順
  7. 【明るさ補正】暗い動画を明るくする手順
  8. 動画ファイルの映像データと音声データを切り離す
  9. 音楽ファイルの編集と音量の調整
  10. 画像やテロップを動かしてアニメーションさせる手順(公開予定)
  11. 見やすい動画をつくる動画の画面レイアウトについて(公開予定)
  12. DaVinci Resolveで編集した動画を動画ファイルへ書き出す
  13. 編集した動画をYoutubeに公開する(公開予定)

DaVinci Resolveをさらに使いこなそう!

  1. DaVinci Resolveで早送り、倍速動画を作る手順
  2. DaVinci Resolvで動画ファイルを変換、圧縮する手順
  3. 手振れ動画を補正して滑らかな映像にする手順(公開予定)
  4. DaVinci Resolveで動画をスロー再生にする(公開予定)
  5. DaVinci Resolveで動画にぼかし・モザイクをいれる(公開予定)
  6. DaVinci Resolveで正方形の動画を作る(公開予定)
  7. DaVinci Resolveで動画を逆再生にする(公開予定)
  8. DaVinci Resolveで動画を回転させる(公開予定)
  9. DaVinci Resolveでスライドショーを作る手順(公開予定)
  10. 編集した動画をDVDプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
  11. 編集した動画をBlu-rayプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
買い忘れたモノはないですか?
DaVinci Resolveに画像素材を読み込み動画に重ねて配置する手順

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。