Google マップで特定のエリアを枠線で囲んで表示、共有する手順

Google マップで特定のエリアを枠線で囲む手順

Google マップで特定のエリアを枠で囲って共有したい。なんてことありませんか?

県や市、町などは Google マップで検索すると赤枠で囲われた状態で表示されるのですが、「任意の場所を囲って共有したい」ってこともありますよね?

実は最近、この「任意の場所を囲って共有したい」という場面に遭遇したのですが、意外にやり方が面倒で調べるのに苦労したので、やり方の手順を共有したいと思い記事にまとめることにしました。

同じように困っている人のお役に立てればと思います。

Step. 01 Google マップからマイプレイスを開く

Googleマップを開く

まずは、Google マップを開いてください。

Googleマップのメニューを開く

左上のメニューアイコンをクリックしてメニューを開きます。

Googleマップのメニューからマイプレイスをクリック

表示されたメニューから「マイプレイス」をクリックします。

Step. 02 マイプレイスから地図を作成する

マイプレイスから地図作成をクリック

マイプレイスから「マイマップ」タブをクリックし、メニュー下部の「地図を作成」をクリックします。

Step. 03 作成された地図の名称を編集

Googleマップ、地図の作成画面

地図の作成画面に切替わります。赤枠部分の「無題の地図」「無題のレイヤ」をクリックすることで、名称を編集することができます。

この部分は任意なので、必ず入力する必要はありませんが、見た人が分かりやすいように入力するといいでしょう。

地図のタイトルと地図を編集

「地図タイトル」「説明」覧に任意のものを記入して下さい。

地図のタイトルと地図を編集の詳細
レイヤ名を編集

ここでは、テストマップ、テストエリアと入力しておきます。

Step. 04 地図上に枠線を描画する

地図作成画面からライン描画

ページ上部のアイコン覧から「ライン描画」をクリック。

ラインやシェイプを追加

プルダウンが表示されるので、「ラインやシェイプを追加」をクリックします。

シェイプを描画

枠線で囲みたいエリアをクリックしながら、ポチポチと線でつないでいきます。

シェイプ名を追加

これで、枠線が作成できました。必要であれば作成した枠線に名称を入力して「保存」をクリックして下さい。

スタイルの編集をクリック

保存が完了すると上図のような表示に変わります。赤枠部分のスタイルアイコンをクリックします。

スタイルの編集

スタイルの編集では、枠線エリアの「色」「透明度」「枠線の幅」を編集することができます。好みの状態に調整して下さい。

Step. 05 作成した地図の共有を設定

作成した地図の共有

作成した地図を共有するための設定を行います。

作成した地図を開いた時の地図のズーム状態を設定します。右下の「+」「-」を使って好みのズーム位置を設定して下さい。

次に左上の赤枠のメニューをクリックしします。

デフォルトビューを設定

メニュー内容から「デフォルトビューを設定」をクリックします。これで、共有した地図が任意のズーム位置で表示されるようになりました。

リンクの共有

赤枠の「共有」ボタンをクリックし、リンクの共有設定をしてください。

不特定多数の人に地図を共有する場合は、「オン – ウェブ上で一般公開」

特定の人に地図を共有する場合は、他二つのどちらかを選んで下さい。

作成した地図をプレビュー

これで、作成した地図の共有設定が完了しました。プレビューボタンをクリックして確認して下さい。

Step. 06 作成した地図を共有する

作成した地図の確認

作成した地図を確認して問題がなければ、赤枠内の「共有」をクリック。編集が必要な場合は、「編集します」をクリックして下さい。

作成した地図の共有リンクの作成

共有をクリックすると共有する方法の選択が出来ます。

今回はサイトに埋め込むため「自分のサイトに埋め込む」をクリックします。

埋め込みコードをコピーする

埋め込みコードが表示されるのコピーして任意のページのソースコードに貼り付けて完了です。貼り付けたら問題なく反映されているかページを確認して下さい。

Googleマップに枠線を描画する手順は以上です。

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする
買い忘れたモノはないですか?

お役に立ちましたらシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。