Amazonタイムセール

【BenQ ScreenBar Plusレビュー】感動!卓上デスクライトならこれ一択!

BenQ ScreenBar Plusレビュー

パソコンでの仕事がメインの人なら、窓から入る外の光がモニターに反社して画面が見にくくなるなんてことを経験したことはあるはず。

僕もその一人。

光をあまり反射しないノングレアタイプのモニターでも光を受けるとそれなりに白く光を反射してモニターが見づらくなります。。。

僕は仕事が広告業なので動画作ったり、デザインしたりとモニターが少しでも見づらくなるととても仕事がやりにくく感じるので、基本的にはあまり光が入らないように日中でもカーテンをしめて薄暗い環境で仕事をしていました。

そうすと、モニターは見やすくなるのですが、やっぱり部屋が暗くなるので机の上が見にくくなるんですよね。(自業自得ww)部屋の電気を付ければいいのですが、日中となるとそれも違和感が。。。

まぁ仕方ないかと諦めて日々作業をしていたのですが、そんな時に出会ったのでがBenQ ScreenBar Plus!

BenQ ScreenBar Plusが薄暗い部屋でも優しくデスクを照らしてくれて、今まで感じていた手元が見えにくいという不満な部分を完全に解消してくれました。

デスクライトを検討しているなら、マジで候補に入れてほしいアイテムです。用途は選ぶと思いますがドンピシャに合う人にはピッタリな、不満を解消してくれる製品だと自信を持っておすすめできます。

ここがいい!BenQ ScreenBar Plus

BenQ ScreenBar Plusのデザイン
  • シンプルながらもすっきりと高級感のあるデザイン
  • 明るさ、色温度を自動調整してくれるオート調整機能(もちろん任意の設定可能)
  • モニターに取り付けるタイプなので、通常のデスクライトに比べ場所を取らない(電源もUSBから供給)

 

BenQ ScreenBar Plusのプロダクトデザイン

ライト本体

BenQ ScreenBar Plusのライト本体

ライト本体は、こんな感じ

BenQ ScreenBar Plusのライト本体後ろ側

後ろ側。
この後ろの丸い部分が重りになっていてモニターに上手く引っかかるようになっています。見た目も安っぽい質感ではなく、細かな部分まで考えてデザインされている感じが伝わってイイ感じです。

BenQ ScreenBar Plusの電源部分

背面からUSB経由で電源を供給してます。USBはタイプCです。

BenQ ScreenBar Plusのコントローラー

 

手元で調整出来るようにコントローラーがついてます。

これがまた、作業デスクをワンランクカッコよくしてくれる粋なデザイン。高級感がありカッコいいので所有欲を満たしてくれます。ダイヤルを回した感じも程よい引っかかりがあり気持ちがいいです。

BenQ ScreenBar Plusの使い方

BenQ ScreenBar Plusの使い方

使い方は簡単。
ダイヤルを押すと電源のオンオフが出来ます。左側のボタンが明るさと色温度のオート調整ボタンです。緑色に光っている時はオート調整になっている状態です。

色温度・明るさをちょうどいい感じに調整してくれます。

右側のボタンを押すと任意の調整が可能です。
右側インジケーターが光っている時は色温度が調整出来ます。左側のインジケーターが光っている時は光量を調整出来ます。

上側の白いボッチリが光センサーになっていてライトの灯りを感知し、オート調整時に適切な明るさと色温度を調整してくれます。

BenQ ScreenBar Plusの使用感

数か月使ってみましたが、操作も簡単でわかりやすく、設置スペースも邪魔にならず作業環境に溶け込む感じは、とてもいいです。少し不満だった作業環境が改善され、見た目もカッコいいので、満足感はとても高いです。

こういうほんの少し幸せになれるガジェットって、なんだか気持ちがいいですよね。

気になるとこやダメなとこはなかったか?

概ね満足度の高い製品です。製品のクオリティ的にも16,000円くらいが妥当という気持ちにさせてくれますが、デスクスタンドと考えるとちょっとお高いかなという印象も拭えません。

さいごに

僕はモニターもBenQを使っているのですが、BenQ製品はどれも品質が高い印象を持っているので、信頼できるおすすめメーカーです。

BenQ ScreenBar Plus気になる方はどうぞ。

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする
買い忘れたモノはないですか?

お役に立ちましたらシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。