フレームレート(fps)って何?フレームレートの仕組みをわかりやすく解説

動画、ビデオカメラ、テレビゲームなどの仕様を見てると必ずでてくるフレームレート!

単位としてはfpsと表記されてるんだけど正しくは「frames per second=フレーム毎秒」

フレームレートを簡単に説明すると1秒間に何枚の画像が表示されますか?という数値です。

一般的には映画が24枚、テレビが30枚、ビデオカメラで60枚ってのもあります。

 

動画は静止画を繋げたもの

実は動画は大量の静止画を順番に並べたものです。

フレームレートが30fpsのビデオカメラでイメージしてもらうと毎秒30枚の静止画を順番に撮影しているということになりあす。

60fps対応のビデオカメラなら毎秒60枚の静止画を撮影して動画として保存します。

この静止画を順番に再生することで動く映像になるわけです。

 

どれぐらいのフレームレートが適正か

これは動画の用途によって変わってきますが一般的に考えて30fpsが妥当かと考えます。

理由は30fpsであればどのビデオカメラやモニター機器の基本仕様として組込まれているからです。

フレームレートが高い程、動画は滑らか

フレームレートが高いとどんな利点があるのかというと、動きの激しいシーンでも映像が滑らかにみえます。

60fpsが出だした頃はヌルヌル動くと話題にもなりました。

逆にフレームレートが低いとカクカクしてぎこちない映像になってしまいます。

フレームレートが高ければいいというわけじゃない

フレームレートが高いと映像の動きが滑らかに見えるという利点がありますが、気を付けなければならない点もあります。

動画が静止画の集まりだとするとフレームレートが高い場合、それに比例して静止画の枚数が増えるということになります。

例えば1分の動画であれば30fpsで1800枚、60fpsであれば倍の3600枚の静止画になるということです。

厳密には違いますが単純に考えると330fpsの動画と60fpsの動画ではデータにした時に動画のファイル容量が倍になってしまいます。

データ量の大きいファイルは扱いにくい面があるのでフレームレートとファイル容量のバランスは意識した方がいいでしょう。

買い忘れたモノはないですか?

お役に立ちましたらシェアお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。