DaVinci Resolveで動画をクロップする2つの手順

DaVinci Resolveで動画をクロップする2つの方法

写真におけるトリミングのことを動画編集ではクロップといいます。

特に動画編集の初心者の人は意味を混同しがちなので、この機会に覚えておきましょう。

動画編集の目的によってクロップする方法は2通りあります。その2つの操作手順を解説したいと思います。

クロップする手順

Step01. タイムラインに早送りにしたい動画を読み込む

DaVinci Resolve:タイムラインに動画素材を読み込む

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

最初にクロップしたい動画をタイムラインに読み込みます。

タイムラインに挿入すまでの手順が分からない人は下記の記事を参考にして下さい。

Step02. クロップしたい動画を選択

DaVinci Resolve:タイムラインの動画を選択。

タイムラインに配置したクロップしたい動画をクリックして、選択します。

クリップ(動画ファイル)が選択されると赤枠が表示されます。

Step03. クロップツールで動画をクロップ

DaVinci Resolve:タイムラインビューアからクロップツールを選択。

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

タイムラインビューア―の左下に【 v 】マークのツールタブがあります。

DaVinci Resolve:クロップをクリックします。

これをクリックして開き、クロップをクリックして下さい。

Step04. タイムラインビューア上でクロップを操作

DaVinci Resolve:タイムラインビューア上でクロップを操作します。

タイムラインビューアの動画に白い枠線画表示されました。

これがクロップのコントローラーになります。

コントローラーを操作する

DaVinci Resolve:タイムラインビューア上でクロップを操作します。

コントローラーに表示された8つの白丸(どれでもいい)をドラッグすることで、選択した動画をクロップすることが出来ます。

これで目的のクロップ作業が完了しました。

Step05. 最終調整

DaVinci Resolve:トランスフォームツールを選択。

トランスフォームツールを使って調整します。

トランスフォームツールでは、拡大縮小や位置の調整が出来ますので、クロップした動画を任意の位置に配置したり、拡大縮小して調整して下さい。

クロップの操作画面

クロップの操作が、わかりやすいように一連の操作キャプチャを貼り付けておきます。

DaVinci Resolve:クロップの操作手順。

拡大してクロップする方法

もうひとつのクロップする方法は、動画を拡大してクロップする方法です。

以降、拡大クロップと呼ぶこととします。

実際の操作はクロップではないのですが、動画の不必要な部分を見えなくして、必要な部分だけの残すことで、クロップと同じ効果に得ることが出来ます。

Step01. トランスフォームツールを選択

DaVinci Resolve:トランスフォームツールを選択。

ツールタブからトランスフォームを選択します。

Step02. 動画を拡大

DaVinci Resolve:トランスフォームから動画を拡大。

トランスフォームが選択されるとタイムラインビューアにコントローラーが表示されるので、白玉をドラッグして、任意のサイズまで動画を拡大します。

 

DaVinci Resolve:トランスフォームで拡大した動画。

動画が拡大された状態です。

周りの余分な部分が切り取られた状態になりました。

位置が気になるようであればドラッグすることで任意の位置に配置することが出来ます。

これで問題がなければ、書き出しをして余分なものを切り取った1本の動画ファイルにすることが出来ます。

拡大クロップの操作画面

拡大クロップの操作キャプチャです。

非常にシンプルで簡単ですね!

DaVinci Resolve:拡大クロップの操作手順。

その他の操作

クロップと拡大クロップにはツールを使うほかに数値入力で制御する方法もあります。

DaVinci Resolve:インスペクタの操作パネル。

※画像クリックで大きいサイズの画像を確認出来ます。

画面右上の赤枠インスペクタというタブがあります。

これをクリックするとトランスフォームやクロップなどの項目があるコントロールパネルが表示されます。

インスペクタコントロールパネル

DaVinci Resolve:インスペクタのコントロールパネル。

ここにある数値を調整することでクロップやトランスフォームを調整することが可能です。

使い安い方を選んでもらえればと思いますが、個人的にはツールタブを使った方が直観的に操作できるのでおすすめです。

DaVinci Resolveで動画をクロップする手順は以上となります。

\URLをコピーしてシェアしてね!/

この記事のURLをコピーする

DaVinci Resolve を使った動画編集ガイド

動画編集の第一歩 DaVinci Resolve を使ってみよう

  1. DaVinci Resolveのインストール
  2. DaVinci Resolve 言語切替えの設定手順
  3. 動画編集の前にDaVinci Resolveのプロジェクト設定を確認しよう
  4. DaVinci Resolveに動画素材を読み込む
  5. DaVinci Resolveで動画をカットして編集する

これだけは覚えておきたい動画編集の基本操作

  1. DaVinci Resolveで動画に文字(テロップ)を入れる手順
  2. DaVinci Resolveに画像を読み込んで動画に配置する手順
  3. DaVinci Resolveで動画を上下左右に反転させる手順
  4. DaVinci Resolveで動画をクロップ(トリミング)する2つの手順
  5. 動画のつなぎ目にディゾルブ(トランジション)を追加する手順
  6. DaVinci Resolveでタイムラインの動画を拡大・縮小する手順
  7. 【明るさ補正】暗い動画を明るくする手順
  8. 動画ファイルの映像データと音声データを切り離す
  9. 音楽ファイルの編集と音量の調整
  10. 画像やテロップを動かしてアニメーションさせる手順(公開予定)
  11. 見やすい動画をつくる動画の画面レイアウトについて(公開予定)
  12. DaVinci Resolveで編集した動画を動画ファイルへ書き出す
  13. 編集した動画をYoutubeに公開する(公開予定)

DaVinci Resolveをさらに使いこなそう!

  1. DaVinci Resolveで早送り、倍速動画を作る手順
  2. DaVinci Resolvで動画ファイルを変換、圧縮する手順
  3. 手振れ動画を補正して滑らかな映像にする手順(公開予定)
  4. DaVinci Resolveで動画をスロー再生にする(公開予定)
  5. DaVinci Resolveで動画にぼかし・モザイクをいれる(公開予定)
  6. DaVinci Resolveで正方形の動画を作る(公開予定)
  7. DaVinci Resolveで動画を逆再生にする(公開予定)
  8. DaVinci Resolveで動画を回転させる(公開予定)
  9. DaVinci Resolveでスライドショーを作る手順(公開予定)
  10. 編集した動画をDVDプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
  11. 編集した動画をBlu-rayプレイヤーで再生できるようにする(公開予定)
買い忘れたモノはないですか?

お役に立ちましたらシェアお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。